【川湯温泉の宿泊施設】みどりや?富士屋?おすすめはどこ?

スポンサーリンク




熊野古道エリアはコロナ感染が出ていません。「不要不急の外出自粛の要請」が出ています。自覚ある行動を!ご協力をお願い致します。

 

◆最新情報

【コロナの影響】5/7時点 観光施設は休館?

熊野の美味しいマグロは通販で

 

◆おすすめ

熊野古道おすすめガイドブック5選!読み放題?

家で楽しめる「絶景☆熊野古道youtube」とは

 

◆初めて熊野古道に行くならまずこちら

⇒初めての熊野古道に行く前に知っておきたいことまとめ

⇒初心者おすすめ熊野古道コースはどこ?

⇒熊野古道のコースの選び方?あなたにおすすめはどこ?

 

 

熊野古道のゴールである「熊野本宮大社」の周辺には3つの泉質が違う温泉郷があります。

  • 湯の峰温泉
  • わたらせ温泉
  • 川湯温泉

 

川湯温泉は、字の通りに川の中から、つまり川底からぽこぽこと70℃以上の源泉が湧いてきていて、熊野川の支流の大塔川と混ざり合って、ちょうどいい温泉ができあがります。夏は、川遊びをしながら寒くなったら温泉で温まったり、冬は冬季限定の大露天風呂「仙人風呂」が期間限定で作られ無料で楽しめます。

 

川を掘って温泉を作ることができる温泉は日本でもとっても珍しい温泉です。山と川に囲まれ自然を感じられるので、とても癒されます。

 

熊野古道を歩きに行ったり、熊野三山の神社巡りに行かれる人に、どこの温泉に行ったらいい? おすすめの宿はどこ? と聞かれることが多いので、今回は、個人的な意見+じゃらんの口コミで「川湯温泉の宿泊施設のランキング」

 

川湯温泉の宿情報、旅館、民宿についてご紹介します。1泊2食付きの他、1泊朝食付き、素泊まりの宿もあります。

客室露天風呂が最高「川湯温泉富士屋」

自然に囲まれた川湯温泉の中でも老舗旅館「富士屋」、目の前は大塔川が流れ、客室からは川からの登る湯けむりは幻想的、やすらぎと癒しの温泉宿です。また、冬の名物「仙人風呂」も目の前になります。露天風呂付客室は素晴らしく口コミで評価が高い。貸切露天風呂あるのでゆったり温泉旅行を楽しめます。

熊野モダンルーム「かじか」「ほたる」「せきれい」は足湯付きの源泉かけ流し露天風呂付きです

川湯温泉「富士屋」では熊野古道への送迎があるのでとても便利。熊野古道「発心門王子」や「伏拝王子」まで送ってもらえます。

【口コミ】

部屋の露天風呂が最高(*^ー^)ノ 部屋も綺麗がすごくよかった。また利用したいです!
料理も美味しく、部屋からの景色もすごい良かった^_^ 翌日は朝バスで送ってもらい熊野古道を歩きました。

 

1泊2食付き 13,454円~、露天風呂付き客室1泊2食付き 23,454円~

スポンサーリンク

川湯温泉「みどりや」

大塔川の清流を望む大浴場・河原の露天風呂は熊野の大自然を満喫でき、心も体も癒されます。川湯温泉は湯量も豊富なので源泉かけ流し。循環は一切なし。 夏は川遊びも楽しめ家族旅行にもおすすめ。冬は期間限定の巨大な露天風呂「仙人風呂」(11月~2月末)が楽しめます。

 

【口コミ】

部屋に案内された瞬間、部屋から硫黄の臭いがしてテンション上がりました。露天風呂付きの客室は、好きな時間に入れるし、源泉のお湯と水で湯加減を調整できるので好みの温度で入ることができました。またタオルもたくさん用意されていて心遣いが嬉しかった。

大浴場も源泉かけ流し温泉で、大浴場の露天風呂は川のすぐ横にあり混浴。湯浴み着があるので、景色もお湯も最高で、主人と一緒に露天風呂を楽しめる良かったです。

姉妹館の「みどりや」さんの浴場には、クレンジングや洗顔料、化粧水、乳液が備え付けてありよかった

5歳、2歳、5ヶ月の孫を連れて行きました。川あそびは、ホテルの前でプライベートリバーのように、安全に遊べとても楽しかったです。

食事や接客は口コミどおり、平均点以上だと思います。夕食の鮎が最高に美味しい。

 

1泊2食付き 12,000円~、1泊朝食付き 10,000円~(税抜き)

 

一人旅におすすめ「川湯温泉まつや」

川湯温泉「みどりや」の姉妹館。「まつや」はビジネスホテルタイプの洋室で、お手頃な料金で宿泊できるのがポイント!一人旅にもおすすめ!

自家源泉より湧き出す温泉は豊富な泉量で、開放的な川の露天風呂や姉妹館の川湯みどりやのお風呂も利用でき、温泉満喫。川湯温泉は古くから神経痛、内臓疾患に効くと人気で、まつやの温泉は、ヒノキ造りのお風呂でかけ流しの温泉が楽しめます。

翌日熊野古道を歩く場合は、熊野古道の起点「発心門王子」「伏拝王子」までの無料送迎があります。マイカーやレンタカーの場合も熊野大社付近の駐車場からの送迎も可能。事前にお問い合わせください。

 

【口コミ】

熊野詣での宿として利用しました。まず有名な川湯温泉のロケーションは予想以上に風情があり感動しました。宿は一人旅には十分な設備が整っています。

みどりやの川沿い露天風呂(専用タオル付きの混浴)を利用でき、早朝は快適でその解放感からか見知らぬ人同志話し込んで、ついつい長湯をしてしまいました。

 

初めてまつやさんのお風呂に入った妻がみどりやさんのお風呂と比べて、まつやさんの方が泉質がまったりして良かったと。私も同感です。熊野古道を愛する人たちが疲れを癒すには十分な宿だと思います。とにかく、一宿一飯にふさわしい宿。来年からも初詣の際は、ここを定宿にさせていただきます。
夫婦並んで、みどりやさんまで、お風呂と食事をいただきに歩く往復の道すがらがなんとも非日常を感じる瞬間!部屋が狭くて、WiFiがつながりにくいなどの点も逆に楽しく感じました。

1泊2食付き 9,290円~、1泊朝食付き シングルルーム 5,290円~(税抜き)、素泊まり 4,090円~

 
スポンサーリンク
 

亀屋旅館

川湯温泉の老舗旅館「亀屋旅館」は自然の恵みを生かした手作り薬膳料理が自慢。ベジタリアンメニューも対応。 お風呂は100%源泉掛け流し、美肌効果もバツグン! 日頃のストレスや疲れをリセット!

創業江戸末期、創業150年、本館は国の有形文化財に指定されている純和風の老舗旅館。川湯温泉の中央に位置し、部屋からは清流が望める素敵な旅館です。

 

亀屋人気NO1と言えば「薬膳料理+温泉」の健康増進プラン

 

薬膳料理をとても美味しくい、旬の食材を、食材自体の味を活かしつつ、工夫して調理されている様子でした。お釜で備長炭と一緒に炊いた雑穀米がとても美味しくて、普段はお米はそこまで食べないのですが全部頂いてしまいました。

評判の薬膳料理はさすがに美味しかったです。けっこうなボリュームでしたが、女将の説明では900kcalに抑えているとのこと。癖もなく女性が好みそうな内容。

とても古く趣きのあるお宿。ノスタルジック。レトロが好きな人にはたまらない建物かと思います。今、このような宿に宿泊できることは貴重。昔ながらの温泉宿が体験できてよかった。

アメニティは書かれていませんが、お風呂にシャンプー・リンス・ボディソープがあります。

部屋は南向きでとても明るく、川に面しているので景色がよく開放的。連泊してのんびりしたいなと思った。翌朝、熊野古道まで送迎(9時以降)してくださり、めはり寿司のお弁当も500円で用意してくださったので助かりました。

10室 30名収容、1泊2食付き(平日限定)9,091円~、1泊2食付き(土日2名1室)14,500円~、1泊朝食付き7,719円~、素泊まり 6,646円~、

スポンサーリンク

冬限定の「仙人風呂」

毎年恒例の川湯温泉の冬の風物詩と言えば「仙人風呂」です。川からぽこぽこと湧いてくれる自然豊かな温泉。川の場所によって、熱めの温泉、ぬるめの温泉の場所があって、大きな川の温泉の周りは自然に囲まれていてとても癒されます

一度、仙人風呂を体験したら、来年もまた行きたい~となるそんな温泉です。無料!混浴!えええ~ですよね。おすすめします

詳細はこちら

川湯温泉「仙人風呂」は冬だけの期間限定!

最後に

川湯温泉の宿泊施設について、老舗の旅館の口コミ、熊野古道への送迎、温泉、口コミなどをご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

 

川湯温泉は熊野川の支流「大塔川」が目の前にあり風情ある温泉です。川を掘ると温泉が湧いてくる全国でもとっても珍しい温泉、また「富士屋」「みどりや」は客室に露天風呂があるお部屋もあって、川を眺めながら温泉を楽しめます。

 

川湯温泉おすすめ旅館は

  • 川湯温泉 富士屋
  • 山水館 川湯みどりや
  • 山水館 川湯まつや
  • 川湯温泉 亀屋旅館

 

熊野古道の温泉宿の中でも、川が横の旅館はなかなかないので川湯温泉はおすすめです。自然を感じられ、日頃の疲れが癒されます。また熊野古道を歩くのにも送迎付きの宿を利用すれば便利です。カップルやご夫婦には露天風呂付きのお部屋がおすすめです。

夏は、川で遊べるので家族旅行、3世代の家族旅行にもおすすめ。

 

熊野古道への送迎がある宿

  • 川湯温泉 富士屋
  • 山水館 川湯みどりや
  • 山水館 川湯まつや

 

素晴らしい熊野古道の旅を!

癒され、ほっとする温泉旅行をなさってください

 

紀伊田辺や白浜から1泊2日で川湯温泉に行く場合の熊野古道と熊野本宮大社1泊2日モデルコースです。参考にしてください
 
 

川湯温泉から近い観光スポットは熊野本宮大社です。

熊野本宮大社のアクセスと見どころ

熊野本宮大社の最強パワ―スポットは大斎原!大鳥居!絶対に行くべき「聖地」

 

熊野古道は「発心門王子~熊野本宮大社」がおすすめです

 

スポンサーリンク

いいね!お願いします

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントは受け付けていません。