プロフィール

はじめまして!
中山美穂と申します。

 

「熊野古道と神社めぐりとパワースポットの旅」のサイトを訪れてくださり、ありがとうございます。

 

↑熊野古道の大門坂で平安衣装を着て記念撮影、もちろん本人ですよ~

 

いざ、熊野へ旅行に行こうとネットで調べ始めると、
「どこから、どうやって回ったらいいのか?・・・わからな~い」とよく聞きます。

 

熊野は、和歌山県、三重県、奈良県の三県にまたがっています。とても広いんです。

 

それぞれの市町村運営の観光サイトや資料・地図は、とても詳しくてたくさんの情報が詰まっています。ただ県をまたいで、隣の県や隣の市町村の情報については掲載するのは難しいようです。広範囲にわたる熊野古道の情報は、なかなかひとつのサイトにまとめることができないようです。

 

そこで、熊野を訪れる方へわかりやすく情報提供したい!熊野の素晴らしさを伝えたい!と思いブログを開設しました。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

【自己紹介】

福岡県生まれ、2019年より京都在住。
大阪教育大学を卒業後、サラリーマンをしていました。東京、大阪、福岡、・・・カリフォルニアシリコンバレーと転々としながら会社勤めを続けていました。

 

2008年カリフォルニア・サンフランシスコ在住の時に、パワースポット・シャスタ山(カリフォルニア)に出逢ったことがきっかけで、世界各地の聖地への旅が始まりました。(世界の聖地のブログは別にあります→パワースポットの旅はスピリチュアル

 

アメリカ最大の危機「リーマンショック」の影響を受けレイオフ(解雇)され帰国。海外移住の夢が絶たれどうしようもなく、生きがいを失っていた時にスペイン巡礼(日本でいうお遍路さん)へ行くことを決意。スペイン巡礼路を800㎞も歩いたおかげで、精神的な目覚めが起き、また、歩くことは瞑想!歩くことが私のライフワークのひとつになりました。

 

2011年にスペイン巡礼路800kmを歩き、その道中にスペイン人の巡礼宿のオーナーに「日本にも巡礼路があるでしょ!」と、、、スペインの宿のロビーには、たくさんの熊野古道の写真が飾られていてびっくりしました。熊野古道の名前だけは知っていましたが、当時福岡拠点の私にとっては、熊野はとても遠い場所で熊野の事は全く知りませんでした。

 

スペインを歩きに行って、自分の国「日本」の道を歩いてないなんて、、、もっと日本の事を知りたい!日本に戻ったら、熊野古道を歩いてみよう!と思ったのが、熊野古道を歩いたきっかけです。

 

熊野古道は一回歩いたら終り!になるはずが、、、、

 

初めて熊野古道を歩いたのは2013年春、澄み切った空気、神々しい熊野に感動し魅了され、こんな素晴らしい場所が日本にあるなんて!と感動し、2013年4月後半に熊野古道・小辺路と中辺路(小雲取越・大雲取越)の7日間歩き、8月に2度も熊野を訪れ、11月には熊野での田舎暮らしを始めました。

 

現在は、旅についてのブログ「熊野古道の歩き方」と「パワースポットの旅はスピリチュアル」を運営しながら、熊野リトリートを開催しています。

 

こちらの「熊野古道の歩き方」では、熊野でのガイドや熊野での田舎暮らし経験を生かし、 旅人目線で、実際に私が体験した熊野をお届けします。

 

熊野の魅力と熊野情報を紹介していきます!

・神社めぐり
・熊野観光

・熊野古道
・美味しいお店
・熊野名物
・熊野のお祭りなどなど、

 

聖地熊野は、
エネルギーあふれる素晴らしい場所です!

 

【巡礼の経歴】

■熊野古道 

2013年4月 6泊7日 約117㎞、
高野山町石道・小辺路・中辺路 (高野山~熊野那智大社)

  行程 宿泊場所
1日目 高野山町石道 慈尊院~高野山(19.4㎞) 高野山宿坊
高野山~熊野本宮大社(約70㎞)

野迫川・かわらび荘

農家民泊 政所

十津川温泉・植田屋旅館

熊野本宮大社近くの民泊

(GWに突入にどこも満室で友人紹介の宿)

6 熊野本宮大社~小雲取越(13㎞)

小口自然の家がお休みで、新宮へバス移動

朝の新宮発のバスで小口へ

7 大雲取越~熊野那智大社(14.5㎞) JR熊野市駅へ移動

 

2014年2月 中辺路 1日(発心門~熊野本宮大社)

 

■スペイン巡礼
2011年 約40日 フランス人の道
サンジャンピエドポー~サンティアゴ 800km、

2015年6月 10日間 北の道
北の道 ビルバオ~Llanes 246km

2015年10月 20日間 フランス人の道、
サンジャンピエドポー~プエンテナレナ91.7km、ポンフェラーダ~サンティアゴ209km~フィニステーラ~ムシア115km

 

終着地の「サンティアゴコンポステーラ」に到着した後、「フィニステーラ」へ歩いた。地の果て、この世の果てとも言われていて、「FINES(終わり)TERRA(大地)」。。。サンティアゴは歓喜!ですが、フィステーラ、ムシアは全く違う世界でした。私のスペイン巡礼は地の果てに辿り着き終了かな・・・先のことはわかりませんが(*^-^*)

 

私にとって歩くことは、精神的な疲れや迷いから救ってくれ、本来の自分自身に戻してくれます。歩いているといろんなインスピレーションが浮かんだり、心が安らぎ、元気になります。

 

熊野は蘇りの地です!

私は自然が大好きです。
神社も大好きです。

見える聞こえるなどの超常現象は全くありません。
ただ、神社で感じたままに、私の感覚で熊野をご紹介しています。

 

ひとそれぞれ感覚や感性が違います。
好きな神社も、心惹かれる場所も、それぞれと思います。熊野について、何かお役にたてたら嬉しいです。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

【最後に】

実は初めて熊野を訪れた時、私も熊野のことがよくわかりませんでした。地元の方々のあたたかいサポートがあったからこそ、今の私があります。熊野古道を深く知ることができ、こうして熊野のサイト開設に結びつきました。

 

熊野の方々へ感謝をこめて、
熊野の神様に感謝をこめて。

ありがとうございます。
熊野を伝えていきたいと思います。

 

熊野古道の旅のコンサルティングを始めました。あなたの疑問を解決し、あなたにあった熊野古道の旅程つくりをサポートします。日本語と英語どちらも対応可能です。お気軽にお問合せください

 

お問合せはこちら

 

訪れる方々にとって、
最高の熊野旅行になりますように!

 

 

コメントは受け付けていません。