【熊野古道体験記②】巡礼仲間とのミラクルな出逢い!高野山から本宮大社へ歩く

★熊野古道ウォークツアー
⇒初中級コース「那智の滝&大雲取越」 10/10-12

⇒熊野古道ウォークツアー in 那智 10/20

 

★私の人生を変えた「奇跡の旅~熊野古道~」
⇒①ミラクルな旅の始まり!熊野古道は奇跡の連続!

 

★熊野古道ブログに検索しやすい目次作成

⇒熊野古道の目次

 

★人気記事

⇒夏の熊野古道は歩ける?

⇒結婚成就の神社ってどこ?関西の縁結び神社

⇒玉置神社で不思議体験

 

スポンサーリンク


こんにちは!

2019年の2月3月の熊野古道の旅を終え、あまりにも神がかかった旅だったこと、奇跡の連続で、、、福岡に戻ってからも、なかなか興奮冷めやらず、やっと落ち着いたと思ったら、、、

 

「初☆熊野古道の旅」を思いだし、回想し、気付いてしまったのです!

 

初めての熊野古道の旅も、奇跡の連続、ミラクル連続だったのです(^O^)

素晴らしい出逢いの旅だったのです

 

というわけで、私の熊野古道物語を書いていきたいと思います。

 

 

熊野古道に出会ったのが2013年で、なんで福岡にいながら、熊野古道のブログを運営しているんだろう?!って自分でも思っていましたし、なんでこんなに「熊野古道」が好きなんやろ?

 

ずっと繋がっているご縁なんだろうな~

 

熊野古道を歩くとパワーは満タン!

 

今回の2019年2月3月の旅でも、

熊野古道・中辺路を歩き、神秘ウォークも歩き、玉置神社も行き、さらに元気になっているのですから、

 

熊野古道の旅、もっと掘り下げて紹介してみよう(^O^)

そのような気になりましたので、しばしおつきあいくださいませ。

 

お楽しみに☆

 

今回は第2章です。

第1章はこちら↓

①から読んだ方が話がわかりやすいですので、まずどうぞ!

↓↓↓

「熊野古道体験記①」ミラクルな旅の始まり

 

 

初☆熊野古道の初日は雨

前節「出逢いに偶然はない!必然だった」

前回のブログで書いたように、私が選択したって言うよりも、、、、「熊野古道 小辺路」を歩く運命になっていたのです。

 

今も熊野古道へ通ってしまうし、人も熊野へご案内したいと思ってしまう。

それは、

やっぱり、熊野で出会った方々の支え、サポートがあったから、

私一人で熊野古道を旅して、知り得た情報でもないのです。

 

地元の方の様々なサポートなくして、私の熊野古道物語はありません。

 

それだけ、熊野でいろんな奇跡的な出逢いが大きいのです。

 

小辺路を歩いてなかったら、、、

あの時に雨じゃなかったら、、、

あの時にバスに乗り遅れていなかったら、、、

あの人に出逢ってなかったら、、、

 

「出逢いに偶然はない」といいますけど、

そうなんでしょうね~~

奇跡の連続の熊野古道の旅です

 

本題へ「高野山から歩く予定ですが・・・」

高野山の宿坊に一泊する日の夕方、

 

「やっと、翌日から熊野古道を歩き始めるぞ!」

「楽しみ!」

やっとだな~~~と嬉しい気持ちでわくわくしていました

 

ちょうど夕方に、宿坊から出かけようとしているところで、

恰好がまさに、今から歩きます!ってウエアを着ているカップルに出会いました。

 

見るからに「巡礼者」

同じにおいがします

 

私は思わず、

「どこから来たんですか? 歩くんですか?」

なんて聞いてしまったら、、、

 

向こうも同じにおいのする私に、嬉しそうに話してきました

スペインから熊野古道を歩きに来ているというのです

 

しかも、よくよーーーく聞いたら、

 

高野山も2回目、熊野古道も2回目!

 

こんなことってある?

日本人の私は、「初☆熊野古道」なのに、スペインからの2人は2度目!!!

びっくりしました。

 

そして、

私が明日から熊野古道を歩くんだ~と言うと、

 

明日は雨だから、翌日にしなよ!

僕たちと一緒に熊野古道を歩きませんか?

1人で歩くと危ないよ!

 

え?熊でも出るの・・・と驚かされたら、そうではなく、

 

「もしも、君が足をくじいて怪我でもしたら、どうするんだ! 誰も助けに来てくれないよ!」

 

真剣な顔して、カップルの男性が言うのです。

それは一理あるかな・・・と思いました

 

一緒に歩く場合は、僕たちは君の邪魔はしないから。

 

スペイン巡礼の経験がある2人は、歩き方をわきまえているようでした。

私もスペイン巡礼を歩いていますので、わかるのですが。

 

一緒に歩くって難しいんですよ。歩幅もペースも違いますし、ましてや、1人で歩く瞑想をしたい時もありますよね。そういう時は、そっとしてほしいもんです。そのあたりをちゃーんと理解していた2人だったのです。

 

確かに、、、熊野古道が初めてで、当時の私はどのくらい「小辺路が山の中を歩き、携帯が繋がらない」なんて知る余地もなく、

もし、明日本当に雨になったら、行くかどうかを考えるってことにしました。

 

私の中では、「熊野古道=5泊6日」と思いこんでいるので、長く旅する予定はなく、長くなれば宿代もかかりますし、ましてやGWになってしまったら、宿の確保も難しくなるし、、、早く歩いて帰ろう!と思っていました

 

そしたら、翌日はやっぱり雨

 

朝のお勤めでも顔を合わせたので、せっかくだから、宿坊の朝食も一緒に食べよう!ということになり、また話が盛り上がります。

 

もうひとり、スエーデン人も一緒になり、なんだかわからないけど、朝食後に、スペイン人の部屋に行くことになり、いろいろ話しました。

 

その時に、

スペイン人の彼女「Yolanda(ジョランダ)」からプレゼントを頂きました!

 

手渡されたのは、「メダイ」

 

え!メダイ?!

スペインの彼女もメダイを持っているんだ~と思い、

 

お礼だけを言って、もっとメダイの話がしたかったのだけど、スエーデン人とスペイン語で一生懸命話しているので、、、なんだか割って入る訳にもいかず、、、(スペイン語はしゃべれませんので)

 

 

雨だから、私はもう一泊、泊まることを宿坊に告げ、4人で高野山を散策することになりました。

 

私はとっとと歩いてよかったのですが、雨ですから仕方ありません。

雨のせいで、、、

雨のおかげで?!

翌日に3人一緒に歩くことになりました。

 

高野山観光

まず、スペイン人、スエーデン人、私の4人は、奥之院へ行きました!

 

朝6時と10時に、お大師様(弘法大師)にご飯が供えられるので、それを見に行ったのです。

 

【奥之院への入り口】

 

その後、どこに行ったのでしょう・・・

記憶がさっぱりなし!

写真はあった↓

 

 

 

奥之院で、いろいろとスペイン人に質問されたのだけど、、、私にとっては初めての高野山、よくわかってないのに答えられるはずもなく、実際スペインの二人の方が二度目なわけで。

 

そんな私に、頼まれたことが1つありました!

 

何かといえば、

昨年に、高野山へ来た時に、「おみやげさんの女性にとても親切にされたので、スペインからのギフトを渡したいので、通訳をして!」ということでした。

 

お土産を買った時に、ちいさな折り紙で作ったお人形をもらったらしく、

またまた同じものを今回も頂いて、

そのお礼をしたいとのことでした。

 

なんとも律儀なスペイン人!

そして、

彼らが言うには、同じお土産屋さんの女性だというのです。

 

その時の写真を見せたのかな・・・?!

私のなんちゃって通訳で、お土産屋さんのおばちゃんとスペイン人の二人の笑顔!

微笑まし~、、、今ブログを書きながら思い出しました(^O^)

 

熊野古道を歩こう!と張り切っていた私ですので、高野山にはそれほど興味がなく、というか、全く下調べをしていなかったのです。ただの通過点くらいに思っていたのですが、、、

 

それは大きな間違い!

 

私はその後何度、高野山へ行ったのでしょうか?!

 

友人まで案内して、高野山のガイドさんまで雇っちゃいました。

もちろん、精進料理を頂いたり、ゴマ豆腐もお友達に発送したり、高野山が大好きになっていったのです。

 

そのきっかけとは、

無量光院に飾ってあった「二つの曼荼羅」

  • 「胎蔵(界)曼荼羅」
  • 「金剛界曼荼羅」

(参考⇒曼荼羅

 

夜になって宿坊「無量光院」内を歩いていた時に、たまたま、通りかかったお坊さんに曼荼羅について、いろいろ質問をしていたのです、お優しいお坊さんは、いろいろ教えてくれました。

 

なんだかわからないけど、、、

弘法大師、空海の偉大さ、壮大な世界観、

空海の宇宙観

にとても感動して、すごい人だと気付いたんです

1200年以上前にその教えを説いていた!!!

 

すごい!

そんな気持ちでした。

 

こんな一言で語れないくらい、

本当は深いのです

 

空海について、もっともっと知りたいからはネットで調べてみてくださいね♪

 

 

スポンサーリンク

スペイン人との不思議なご縁

結局、3人で熊野古道を歩くことになりました!

これも何かのご縁ですかね・・・くらいに私は思っていました、当時は。

 

まさか、その後も遠く離れていても友達でいるなんて!

実に濃いんですよ~

日本で言う、ただ年賀状をやり取りするって感じじゃなくて、心が繋がっているってこういうことなんだな~と思う。不思議なんだけど。

 

2013年に出会い、熊野古道を一緒に歩き、

2014年はスペイン人2人の友人が福岡へ来て、

2015年は、私がスペインマヨルカ島へ行き、

 

そして、

なんとなんと!

昨年の2018年10月に、スペインから二人は福岡まで私に会いに来てくれたのです。

 

不思議ですよね~

熊野古道が繋いだご縁♡

 

距離じゃないんです。

心が繋がっている。

 

今も繋がっている!

なんとなんと

2019年4月に、またスペイン人マヨルカの友人が福岡に来るのです!

 

こんなことあるって思いますよね?!

 

 

やっと出発!「熊野古道」の入り口はどこ?

高野山から熊野古道を歩く場合は、

「金剛三味院」を目指してください!

 

↓↓↓

 

このまま、まっすぐ行くのではなく、

右折

 

熊野古道に標識があるので、曲がってください!

 

 

【熊野古道・小辺路】

高野山→野迫川村・水が峰

距離:11.3km

歩行時間:3時間30分

所要時間:4時間30分

 

小辺路のマップダウンロードはこちら

↓↓↓

・「熊野古道 小辺路」高野山→野迫川村

 

 

 

君の名は? 巡礼仲間について

いよいよ歩き始めた私達3人

 

2人は、スペインのマヨルカ島から来ていました。

男性は、David (デイビッド、と書きますが、ふつう皆からダビと呼ばれています)

女性は、Yolanda (ジョランダ、ヨランダじゃないよ)

 

 

素敵な2人

 

 

なんだか、まぎれちゃった私?!

 

熊野古道を歩くのが、まさか3人で歩くことになるなんて、だれが想像していたでしょう

 

しかも、険しい道の「小辺路」です

 

この標識にも書いてあります

↓↓↓

 

写真なので、読み辛いかもしれないので、こちらに書きます

2013年時点でも、日本語と英語表記ですね!

↓↓↓

「紀伊半島中央部を南北に通り「熊野三山」と「高野山」の両霊場を最短距離で結ぶ経路である。途中には、標高1000m以上の峠を3度も越えなければならず、熊野参詣道の中でも険しい経路の一つである。

この道は、参詣者や商人といった人々が主として利用した、いわゆる庶民の道として中世から利用された道である」

 

こんなに険しいと知っていたら、初めての熊野古道で「小辺路」を選んだのでしょうか???

 

選んでないよね

知らないから、歩けたのでしょう

そして、巡礼仲間がいたから、歩けたのです

 

スポンサーリンク

最後に

初☆熊野古道を歩くのに、全く何も準備していない私、

それに比べ、完璧に準備しているスペイン人カップル

 

まるで、私のガイド?!

日本にいながら、外人に日本をガイドされる私でした。

 

準備万端の彼らに支えられ旅はスタートします

 

すべての旅の旅程・宿はひとつの冊子にまとめられていて、GPSも持っていますので、道に迷うことはないのです。

 

彼らが、、、

いやいや彼が作った「熊野古道スケジュールノート」

「Lonely David」 

 

今気づいたけど、ロンリープラネットをもじってある?!(^O^)

↓↓↓

 

すごいでしょう!!!

 

つづく

 

今回は第2章です。

第1章はこちら↓

①から読んだ方が話がわかりやすいです

「熊野古道体験記①」ミラクルな旅の始まり

 

 

スポンサーリンク

 

「いいね!」頂けると嬉しいです♪

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントは受け付けていません。