初めて熊野古道!2泊3日モデルコース!一人旅におすすめ宿を紹介します

「熊野古道を歩いてみたい!」という方は、とっても多いんですよね。

男性も女性もいらっしゃいます。

「熊野古道に行ってみたいんだけど・・・」と相談を受けることもしばしば(^_^)/

 

初めて熊野古道へ行く場合は、いくつか疑問や不安もあると思います。

  • 女性一人でも熊野古道を歩くことが出来る?
  • どこの熊野古道を歩くのがオススメ?
  • どこに泊まったらいい?

 

初めて、熊野古道を歩いてみたい!

そんな方におすすめな熊野古道のルートと宿泊施設を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

熊野古道とは

まず、熊野古道は6つのルートがあります。

・熊野古道・中辺路(なかへち)
・熊野古道・小辺路(こへち)
・熊野古道・大辺路(おおへじ)
・熊野古道・大峰奥崖道(おおみねおくがけどう)
・熊野古道・紀伊路(きいじ)
・熊野古道・伊勢路(いせじ)

 

kumano kodo map
(出典:http://www.tb-kumano.jp/kumanokodo/)

 

熊野古道は、世界遺産に登録されていて、正式な世界遺産登録では、「紀伊山地霊場と熊野参詣道」と言います。熊野三山、高野山、吉野の3つの霊場とその霊場に繋がる参詣道ということになります。

「熊野古道」の単語だけが有名になっていて、世界遺産=熊野古道と思っている方も多いのではないでしょうか?

実は神社仏閣も世界遺産に登録されているんですよ。これは、熊野・高野山・吉野の3つの霊場があるからこそで、その山々や自然、そして人々が巡礼をしてきた文化が総合的に評価され、世界遺産に登録されています。

 

せっかく熊野古道を歩くのでしたら、歴史的な背景もわかって歩いた方が感動が大きいと思います。もちろん、歩いた達成感、歩いている時にいろいろな思いが頭をよぎり、日常から離れることでの気付きも多い旅になるのでは。それもすべてが宝物になること間違いなしです!

熊野古道を検索している時点から、旅は始まっています。

有用な情報に出会い、素敵な人に出会い、実際に訪れた時の感動はさらに大きいと思います!

では、誰でもわかりやすいように、説明して参ります。

 

2泊3日におすすめ熊野古道は「中辺路」

どこを歩くか、どのあたりに行きたいか、によって熊野古道のルートも様々です。

初めての熊野古道歩き、熊野古道へ2泊3日の旅行する場合のおすすめコースは、熊野古道「中辺路(なかへじ)」です。

※ですが、熊野古道に入って2泊3日という意味ですので、遠方からの場合は前後泊も必要になってくるかもしれません。

 

中辺路ルートは、もともと貴族が通った道。上皇や天皇が京都から淀川を船で大阪府下に下り、陸路で南に向い、紀伊田辺から今の中辺路ルートを経て、熊野本宮大社を目指しました。

ですので、中辺路ルートは勾配がそれほど厳しくないのが特徴ですので、初心者の方におすすめルートですし、女性一人旅や男性のひとり旅にもおすすめします。

 

熊野古道・中辺路の
「滝尻王子」から「熊野本宮大社」を目指すのがおすすめです。

 

中辺路のコースの起点は・・・滝尻王子(たきじりおうじ)

JR紀伊田辺からバスでアクセスできます。ここから歩く人が多いですが、バスで先へ進んでも、もちろんOK!

バスの時刻表はこちら紀伊田辺駅~滝尻~近露~熊野本宮大社

 

※【中辺路のコース】は下記の丸2日を歩くコースが一般的で、観光協会のマップにもそのようになっています。ただ、宿の場所や自分の体力、予定によっては、途中バスに乗ったり、出発地点を滝尻王子でなく、近露王子、継桜王子などにすることもできます。

 

【中辺路コース 1日目】

滝尻王子~継桜王子

ダウンロードはこちら熊野古道「中辺路」マップ(滝尻王子~継桜王子)

 

【中辺路のコース 2日目】

継桜王子~熊野本宮大社

ダウンロードはこちら熊野古道「中辺路」マップ(継桜王子~熊野本宮大社)

 

全行程を歩けそうでしたら歩くのをオススメします。

ただ全部が難しいかも・・・と思われたら、途中はバスに乗って移動したり、歩く距離を少なくして神社めぐりを中心にすることもできます。自分の体調と足に合わせて、臨機応変に!

現地に行ってからも、その日の体調で、無理せず、楽しく熊野古道を歩き、熊野の神社を巡られることをオススメします(^O^)

 

熊野古道の歩き方

1、JR紀伊田辺駅へ向かい、そこからバス「滝尻王子」を目指します

2、歩く距離を決めます。いくつかルートがあります。

※バスの時刻表はこちら紀伊田辺駅~滝尻~近露~熊野本宮大社

※JR紀伊田辺駅には熊野古道の観光案内所がありますので、困ったことや質問は是非そちらで!

 

一番人気のコース!熊野古道の王道
「滝尻王子~熊野本宮大社」

モデルプラン2つを紹介します!

(1)滝尻王子~継桜王子~発心門王子~熊野本宮大社

 

(一日目)滝尻王子→継桜王子

 

(二日目)継桜王子→船玉神社~発心門~熊野本宮大社

 

※熊野本宮大社に到着した後は、温泉宿に泊まるのがおすすめ

※継桜王子には宿が少ないので、近露王子で宿泊することも可能!2日目歩く距離が長くなります。⇒宿泊のおすすめはこちら

 

(2)滝尻王子~継桜王子~湯の峰温泉~熊野本宮大社

二日目に熊野本宮大社に行かず、湯の峰温泉に一泊後、三日目に熊野本宮大社を目指す

 

滝尻王子→近露→船玉神社→「赤木越」→湯の峰温泉

 

(一日目)滝尻王子→継桜王子

 

(二日目)継桜王子→船玉神社→湯の峰温泉へ

※熊野古道の分岐「船玉神社」から発心門王子へ歩くのではなく、湯の峰温泉を目指すコースです。

 


(三日目)は3つのプランから選択できます

(プラン1)湯の峰温泉から歩いて熊野本宮大社へ行く方法

湯の峰温泉→熊野古道「大日越」→熊野本宮大社

 

(プラン2)バスで「発心門王子」へ行ってから、熊野本宮大社へ歩く方法

湯の峰温泉⇒(バス)⇒発心門王子→熊野本宮大社

バスの時刻表紀伊田辺~熊野本宮大社~発心門王子

 

(プラン3)バスで熊野本宮大社を目指す方法

バスの時刻表⇒⇒紀伊田辺駅~湯の峰温泉~熊野本宮大社

 

いろいろ選べると逆に迷いますか? 

もしそうであれば、発心門王子から熊野本宮大社へ歩くコースはおすすめです!発心門王子は熊野本宮大社へ向かう最終起点ですので、昔からここからは聖域と呼ばれている場所です。熊野の壮大な山々を感じながら歩けるコースですし、途中の、伏拝み王子(ふしおがみ)は絶景ビューポイント!森林セラピーができるような木々に囲まれる癒しスポットも通ります。

 

私が歩いた写真をまとめていますのでこちらを人気の発心門王子~熊野本宮大社!紅葉編

 

熊野古道のマップ
詳しい説明が載っていて、こちらから地図をダウンロードできます!
 

熊野古道「中辺路」詳細はこちら↓↓↓

熊野古道「中辺路」マップ(滝尻王子~継桜王子)

熊野古道「中辺路」マップ(継桜王子~熊野本宮大社)

熊野古道「中辺路」マップ(赤城越)

熊野古道「中辺路」マップ(大日越)

 

◎そのほかの熊野古道のマップはこちら↓↓↓

熊野古道のコース!地図 pdf!中辺路・伊勢路・小辺路・大辺路・紀伊路のルートの詳細について

 

スポンサーリンク

私が歩いた熊野古道ルート

スペイン巡礼で一緒に歩いたフランス人、カナダのモントリオール在住のナタリーが、facebookの私の写真を見て、歩きたいということで、4月に一緒に歩きました!

その行程を紹介します。

 

4月1日

高原熊野神社~近露王子

宿泊

近露王子の「月の家」

4月2日

近露王子~継桜王子~船玉神社~「赤城越」~湯の峰温泉 

宿泊 湯の峰温泉「旅館あづまや
4月3日 湯の峰温泉~「大日越」~熊野本宮大社

旧社「大斎原」へ

日本一の大鳥居

熊野本宮大社へお詣り

スポンサーリンク

熊野古道「中辺路」の宿泊施設

熊野古道2泊3日コースを歩く場合の宿を紹介します

(一日目)滝尻王子~近露王子

(二日目)近露王子~船玉神社~発心門~熊野本宮大社

 

一泊目は、継桜王子、近露王子(ちかつゆ王子)周辺がおすすめ

お宿 月の家

風情があって、とても親切なご夫婦が経営されています。夕食がすごいご馳走です!外国人客も多く、おもてなしの心にこちらがほっと和みます。おすすめの宿です。

実は、朝がめちゃくちゃ早いです!お父さんが熊野古道の起点ポイントまで送迎して下り、継桜王子も観光案内してくださいました。熊野古道のことをいろいろ相談に乗ってくれる優しいお宿。

 

住所:〒646-1402 
和歌山県田辺市中辺路町近露905-1

料金お一人様一泊(8400円~)

電話のみ予約可能 (TEL 0739-65-0010)

 

民宿ちかつゆ

メインは鮎飯と温泉鍋が魅力です!隣接する源泉かけ流しの近露温泉ひすいの湯に入浴できます。

 

消費税、入湯税込みの料金です。

1泊2食(2名様1室) ¥8550
1泊2食(1名様1室) ¥9600

(無料)シャンプー、石鹸、ハブラシ、ドライヤー、ヒゲソリ、タオル、バスタオル、浴衣
(有料)コインランドリー、インターネット(無線LAN)

 電話のみ予約可能 (TEL 0739-65-0617)

 

民宿 つぎざくら

1日2組限定のお宿です。見どころのある「野中の清水」「一方杉」「秀衡桜」まで歩いて3分以内の場所です。料理に力をいれてご提供いたします。

住所:田辺市中辺路町野中403-1

料金お一人様 8,400円~

電話のみ予約可能 (TEL 0739-65-0009)

中辺路ルート沿いの宿は、小さめの宿が多く、収容人数も少ないので早めの予約がオススメです。もし、それでも空いていない場合、なかへち宿情報を参考にしてください。
 

実は、前泊で泊まる、とっておきのお宿もあります

とても人気の宿で、トリップアドバイザーの国内旅館部門で全国5位に輝いています。また、外国人観光客もよく宿泊しています。

この宿の詳細はこちら⇒熊野古道の宿 「霧の高原」 

 

二泊目は、温泉宿がオススメ

二泊目は、熊野古道を歩いて疲れた体を癒し、蘇らせてくれる温泉宿がオススメです。

熊野本宮大社の近くには、3つの有名な温泉があります。

 

「湯の峰温泉」

  • 旅館あづまや <和歌山県>・・・世界遺産「つぼ湯の目の前」、バス停の目の前の好立地!歴史ある伝統的な旅館です。熊野古道の湯治に使われていたお湯がとてもいい温泉です!源泉は高温で、くすり湯とよばれるお風呂は薄めてなく、湯の花が舞っているお風呂です。日本で唯一の世界遺産に登録されている温泉がある「つぼ湯」がすぐ近くにあります。

 

「川湯温泉」

※熊野古道の起点まで送迎してもらえます。事前に相談を!

 

「わたらせ温泉」

  • わたらせ温泉 ホテルやまゆり  ・・・西日本一大きな露天風呂があり、関西で人気NO5に選ばれている渡瀬温泉。山間部に位置しているので見渡す限りの自然がすばらしい! 渓流沿いにある露天風呂は、とっても開放的です!泊まる価値あるホテルです!

※熊野古道の起点まで送迎してもらえます。事前に相談を!

 

【熊野古道の起点まで送迎可能の宿】

※事前に、ホテルに相談してください

 

熊野古道へのアクセス

熊野古道は、紀伊半島の南に位置します。

車でのアクセスも便利ですが、公共交通機関の新幹線、飛行機、深夜バス、特急電車などがあります。東京から、大阪から、名古屋から、その他の地域からのアクセス方法をまとめています。

 

詳細はこちら熊野古道のアクセス!特急電車や夜行バス情報!東京・大阪・全国からの行き方まとめ

 

熊野本宮大社の見どころ

写真で紹介します!

熊野本宮大社の本殿の鳥居です

 

 

熊野大権現ののぼりが、参道の両方に!

158段の階段を登って、お詣りです

 

 

発心門王子から歩いてきますと、この熊野本宮大社の本殿の山の上から参拝するようになりますので、この階段は登らず、大斎原や日本一の大鳥居に向うため、下っていくようになります

 

 

 

旧社地の大斎原は必ず行かれてください!そちらが最強のパワ―スポット「聖地」です。

詳細はこちら⇒熊野本宮大社の最強パワ―スポットはどこ?絶対に行くべき「聖域」

 

日本一の大鳥居

 

こちらもおすすめ熊野本宮大社の見どころと立ち寄りスポット紹介

 

最後に

熊野古道の一人旅におすすめ宿と2泊3日のコースを紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

 

初心者にも歩きやすく、熊野本宮大社に参拝できるルートは人気です。臨機応変に素敵な旅をなさってくださいませ!

熊野の方々は、とても親切です。何か困ったり、わからないことは、現地で、宿で、聞かれることをおすすめします。さらに、素敵な旅になること間違いないです!

 

 

 

スポンサーリンク

 

「いいね!」頂けると嬉しいです♪

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントは受け付けていません。