【熊野古道体験記⑥】宿がない?宿難民に!大雲取越は断念する?どうする?

こんにちは~!

私の初☆熊野古道物語、珍道中、、、いやいや「熊野古道・出会いの旅」も第6章になりました。

続けてお読みいただきまして、ありがとうございます。

 

では、「熊野古道体験記⑥」は、熊野本宮大社から始まります。

「熊野本宮大社でお参りするのは、ここ!!!」

「外せない場所!」

 

そして、熊野の洗礼を受ける?!

相変わらず、予想外の展開、想像できない旅を続けています

 

 

まだ、読んでない方は、第1章からどうぞ!

↓↓↓

「熊野古道体験記①」ミラクルな旅の始まり
「熊野古道体験談②」高野山での不思議な出会い
「熊野古道体験記③」スペイン人が小辺路を選んだ驚きの理由
「熊野古道体験記④」巡礼路でシンクロ!マリア様のご縁
「熊野古道体験記⑤」予想外の展開

 

初めての熊野古道の旅は、本当に不思議な出逢いの旅でした。素晴らしい出逢いがあったからこそ、3か月後に熊野へ再来となったのです。

 

熊野の土地だからこそ、起こるミラクル?!と思っています!

本当に熊野の方々にサポートを頂き、熊野古道「高野山~熊野本宮大社~熊野那智大社」を歩くことができました。

 

熊野の方々に心から感謝しています。

 

 

熊野本宮大社の周辺の宿がない!

十津川村を後に、私の熊野古道5泊6日の予定は、高野山での延泊あり、予定変更ありで、伸びていました。

 

当初の予定「熊野古道は5泊6日」と思っていたけど、

雨が降り高野山に2泊、そうしたことでスペイン人と歩くことになり、それも流れ。果無峠を越えられず、再来を約束したのも流れ、

 

強力な流れには逆らえません。

 

4月末のゴールデンウィークに差し掛かり、熊野本宮大社の周辺の宿が取れなかったのです。いろんな宿に電話しましたけど、3つの温泉郷「湯の峰温泉・川湯温泉・わたらせ温泉」など、ちかくの民宿など、すべて満室。

 

熊野観光協会に電話してお問合せまでしたのですが、見つけることができませんでした。

 

 

その時、思い出したのが、、、

「熊野で困ったら、Kさんに電話しなさい」

との電話番号のメモ

 

高野山町石道を一緒にあるいたWさんにもらったメモ

熊野に住んでいる友人の友人のKさん

 

Kさんが熊野のどこに住んでいるかも知らなかったのですが、

泊まる場所がないのです。

聞いてみるしかないです

 

そしたら、幸いにもお友達の宿とのことで、熊野本宮大社にほど近い、一軒の「農家民宿」を紹介してくださいました。

・・・ありがたい。

 

どうなることか、、、と思っていたところ、救われました。

 

「熊野出会いの里」

 

残念ながら、ただいま農家民泊は休業されています

 

 

ただ、美味しい卵は販売されていますので、ご紹介します

 

 

熊野出会いの里  
住所 和歌山県田辺市本宮町高山1289
電話  090-7352-0576
※現在天恵卵の宅配・定期便は行っておりません。
現地にお越しのお客様で少量ですが販売しております。
(販売価格:50円/個)

 

スポンサーリンク

熊野本宮大社はどこへ行く?

聖地はどこ?

初めての熊野古道の旅、熊野本宮大社の場所はもちろんわかりません。

 

翌朝、熊野本宮大社まで、宿のオーナーが車で送ってくださいました。

本当に、ほっとしました。

 

宿がなくて、なんとか泊まる場所が見つかったのですが、あとでわかったことですが、歩いて行くのはちょっと遠い場所でした。

 

熊野本宮大社は、ここからお詣りするもんだからと、

私は車を降ろされた場所は、「大斎原」でした

 

当時の私は何がなんだか、わからなかったけど、言われるとおりに、まず一番最初に、熊野本宮大社の旧社の大斎原にお詣りしました。

 

 

大斎原の鳥居で一礼して、歩いて行くと橋がありました。

この橋は音無川にかかっています。

水は少ないですが、当時の巡礼者達はこの川をわたることで、昔は橋がかかっていなかったので、禊になっていたそうです。

 

そして、熊野本宮大社に参拝していたそうです。

私は、そのルート鎮守の森に入っていきます

 

 

一歩足を踏み入れた時、

なんだか、空気の違いに、

 

「あれ? ここはなんだろう???」

「どうして、こんなに気持ちいんだろう???」

 

と思いながら、

本当に心地よい空気に癒されながら、歩いて行きました

 

そうしたら、日本一の大きな鳥居がでてきます

 

 

当時は本当に何もわからず、

だけど、あまりにも「大斎原」の空気の神聖さに、不思議な感覚だけはずーっと記憶に残っています。

 

熊野の聖地「大斎原」についてこちら

熊野本宮大社の最強パワ―スポットは大斎原!絶対に行くべき「聖地」

 

今の熊野本宮大社の本殿へ

 

 

 

スポンサーリンク

小口でも宿がない!

熊野本宮大社の観光案内所へ行って、バスの時刻表を入手

 

というのは、熊野本宮大社から「小雲取越」の登り口までは、幹線道路を歩くことになる。バスで移動した方がいいからです。

 

今思えば、なぜ!

世界遺産センター「熊野本宮」で、小雲取越の宿を聞かなかったのだろう・・・

 

スペイン人おすすめの宿は「百福(ももふく)」部屋数が少ないので、かなり前に予約していないと泊まることができません。この時、すでに満室

 

そして、希望の星のもう一軒の宿は、小口自然の家

 

古い校舎を宿にしているとのことだったので、、、ここだと泊まれるのでは、と淡い期待を抱きながら熊野古道を歩き始めました。

 

距離が見j界のを知っていたので、余裕でした

 

熊野古道「小雲取越」

距離:約13km 
標準歩行時間:4時間30分
所要時間:約5時間30分

マップ⇒小雲取越地図ダウンロード

 

 

 

 

激しいアップダウンは、なく

なだらかで、とても歩きやすいルートです

 

 

 

 

無事に、山を下り、思っていたよりも早く到着

時間は、15:30

早い!

 

遠くに集落が見えてきます。

私は宿を見つけられるのでしょうか?、、、どこまで歩いて行ったいいのだろうか?

 

 

 

 

小口自然の家に到着した

電話するけど、通じないので、来てみたら、、、誰もいない

お休みのようです。

4月28日ですよ。休みます???

 

え~ショック!

もう一軒の宿「百福」は電話しても満室と答えられたが、せっかくだから、歩いて行ってみた。

万が一、空き部屋があれば泊まらせもらえるかもしれない

 

やはり、断られた

途方に暮れるわたし

 

たまたま、通りかかった女性に話しかけると、百福に泊まるとのこと。。。さすがに、見ず知らずの人に、私も一緒に泊まらせてもらえませんか?なんて聞けませんよね。

 

ダメもとで、聞いてもよかったけど、

無理そうだったので、あきらめた。

 

再度、小口自然の家に戻るけど、やはり閉まっている。

 

小口自然の家にある大きなキャンプ場に、大きなザックを抱えたおじさんがやってきた。話しかけると、キャンプするとのこと。。。私を不憫に思ったらしく、新宮の宿情報を教えてくれた。

 

いくら、小口で待機していても、宿を見つけることはできないので、、、バスに乗るしかない。

しかも、

翌日は雨の天気予報

 

小口で出会った人たち数人に、「明日は大雲取越」を歩くのですか?と聞いたら、歩くとのことだった。泊まっている5,6人は歩くとのことだった。

 

今なら、「大雲取越」が難所ですごい!と思っているけど、当時の私はさほど、すごく難所で大変だという認識がなかった。

 

私に残された道は、バスで新宮へ行き泊まるという選択肢のみだった。

運命にさからうことはできず、あきらめ、バス停へ

 

熊野古道の洗礼をやっと受けた私でした。

今更ながら、宿の確保大事です(^O^)

 

翌日は、かなりの確率で雨、

残念だけど、大雲取越は歩かず、あきらめる?

どうなる???

 

つづく

 

「熊野古道体験記⑦に続く

 

宿がない場合は、観光協会のサイトを再度確認

観光協会のサイトに乗っている宿に、電話して空室を確認するのがおすすめです!

 

●熊野本宮大社エリア

3つの温泉郷「湯の峰温泉・川湯温泉・わたらせ温泉」

 

●比較的ビジネスホテルが多い新宮

 

●勝浦温泉エリア

 

 

こちらも参考に

熊野本宮大社に近い宿はどこ?ゲストハウス・B&B・古民家おすすめ宿

【熊野古道】中辺路の宿泊!中辺路町・小口・那智!歩くための宿はどこがおすすめ?

 

【ゴールデンウィーク】熊野古道の宿泊予約!まだ間に合う?!温泉宿を紹介します

 

【熊野古道・伊勢路】宿泊おすすめ!一人旅や女子旅に人気ホテル!熊野市の温泉宿やオーシャンビュー宿がおすすめ

 

スポンサーリンク

 

「いいね!」頂けると嬉しいです♪

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントは受け付けていません。