美味しいまぐろはどこ?市場が見れる?生マグロを食べてないなら損してる~

こんにちは!

マグロはやっぱり生マグロが最高!

実は、4月と5月は本マグロが水揚げされます

超おいしいまぐろに出会える季節♪♪♪

 

早朝に市場に行けば、すごいまぐろが見れるかも?!

 

勝浦のマグロは日本一

知ってましたか?

 

生マグロの水揚げが日本一なのです!

大間じゃないよ、静岡じゃないよ

和歌山県の那智勝浦です!

 

勝浦港がこだわるのは「生マグロ」

何が違うって、、、冷凍されていないので臭みがなくて、新鮮そのもの。マグロはちょっと・・・っと言っていた人が毎回マグロ屋さんでまぐろを食べるくらいに美味しいのです。

 

マグロってそんなに美味しいの???

本物のまぐろを食べていないのかもしれませんよ~。

 

是非、那智勝浦のマグロを一度食べに行ってくださいね!

食べてないなら、損してますよ~

勝浦のマグロ市場がすごい

 

まぐろがずらり!

 

 

先日・・・4月25日に朝のマグロ市場へ

まぐろ市場を見学したのは、なんと初めて!

 

写真では見たことがあったのですが、いつ行ったらいいのか? 何時に行ったらマグロが見れるか?・・・知らなかったのです。いつも熊野古道の大門坂に直行してましたので💦

 

マグロのセリは、ほぼ毎日行われています

 

朝の7時くらいに勝浦漁港に行ったら、見ることが出来ます

漁協の2階からセリを見学することもできます。もちろん、無料です

 

まぐろ市場の中に入りたい場合は、泊るホテルから予約してもらったら、翌朝のマグロのせりをまじかで見るチャンスがあるかもしれません?! 

 

↑これ本マグロ

 

本マグロは4,5月だけ、水揚げされるですって!

だから、4月5月は、全マグロの種類が見ることが出来、もちろん食べることもできます。すごいよね~!

 

スポンサーリンク

勝浦漁港が生マグロ日本一の秘密

 

きゃー!

とびっくりするくらいの大きな本マグロ

 

どのくらいの重さと思いますか?

???

 

200㎏

すごくない?

 

「紀州勝浦産生まぐろ」は、100%はえ縄漁船による天然マグロは船上ですばやく活け締めされ冷水保存(氷温)される。だから、新鮮さを保ったまま。漁船はだいたい1週間~10日くらいで勝浦港に戻ってくるとか。

※はえ縄漁とは、一本の長い縄に、たくさんの釣り針が付いた縄を漁場に設置して、まぐろが釣り針にかかるのを待つ漁法

 

 

以前、勝浦のマグロ屋さん「桂城」でまぐろを食べていると、隣のお客さんの会話が聞こえてきた・・・マグロを食べるためだけに大阪から那智勝浦でたびたび車でやってきてる?!

 

グルメなんですね~

 

確かに、こんなに美味しいまぐろを一度食べたら、また食べたくなる! 他で食べられなくなりますよね、わかるわかる(*^^)v 私もマグロは那智勝浦でしか食べてないかも?! まぐろのレベルが上がっちゃいました、笑

 

スポンサーリンク

にぎわい市場で朝食を・・・ランチもおすすめ

気持ちいい漁港で、潮の香、波の音を感じながらまぐろを堪能できるのは、「にぎわい市場」

 

朝8時から営業しています!

マグロの解体も行われていることもあります

 

実はね、先日の熊野旅では、毎度お世話になってるマグロ屋さん「桂城」の大将が朝のマグロ市場&にぎわい市場を案内してくださいました。そして、超豪華な朝ごはんを一緒に頂きました。めっちゃ美味しかった~♪ 

 

インスタの写真の方が、良く撮れているかも

全部見てね~

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Miho Nakayama(@shastamiho)がシェアした投稿

 

勝浦漁港にぎわい市場  
住所  和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地7丁目12番地
TEL 0735-29-3500
駐車場

鮪の湯(足湯)隣

(乗用車24台、障害者向1台 計25台)

営業時間

8:00-16:00

飲食ラストオーダー 15:30

 

 

ちょっと面白い話

実はね、急にまぐろ市場に行ったのは偶然・・・流れ

まさに、奇跡☆彡

お導きでした😊

 

熊野リトリートのお客様と一緒に夕食を食べに「桂城」さんに行ってまして、お宿には朝食が付いてなく素泊まり。パンでも買おうと思っていたのですが、結局朝食のパンも買いそびれ、

 

あ!そうだ!

桂城の大将に「おむすび弁当」を作ってもらって、翌日の朝ごはんにしたらいいんじゃんない?と突然思ったのでした。とにかく、ダメもとで聞いてみようと・・・

 

「明日の朝ごはん用に、お弁当作ってもらうことはできますか?」

 

と聞いてみたら、

「何時に熊野古道・大門坂に行かなきゃいかないの?」

と逆に質問された

 

8時ごろに出発して大門坂に行こうと思っています。

 

「そしたら、お弁当をどこかで食べたらいいんじゃない?

どっか、熊野古道のベンチに座って食べたら?」

 

え?!

熊野古道沿いでお弁当食べる場所ありますか?
???

 

そしたら、

「中山さん~、大門坂に何時に行かなきゃいけないの」

 

「今回はおひとりのお客様なので、時間は特に決まってはないのけど、ツアーガイドをしてますから、一日のまわるルートもありますので、そんなにゆっくりはしてられないんですけどね~」

 

「じゃあ、明日にぎわい市場で朝食にしたらいい!!!」

 

え?・・・と不思議な顔してたら、

 

朝、ここに7時30分に来てくれたら、マグロ市場を案内しますよ!

 

え?まぐろ市場?

???・・・と思っているうちに話は決まったという感じの大将。

 

なんか知らないうちに、すんごいオファーを頂いてました!

すごい!

 

ということで、

朝からマグロ市場ツアーが始まったのです。

不思議なもんです

 

だってね、全く朝から市場に行くなんて、想像してなかったのですから。

でもね、いつか、マグロ市場見て見たいな~。

どうやったら、見れるんだろう?

なんて思っていたから、ははは笑

まさかのまさかでした。

突然願いが叶っていたからびっくり

 

今後もマグロツアーもやりたいな~と思っています。

熊野リトリートでは、熊野古道を歩き、熊野三山をめぐりが定番です。

今後は、まぐろ市場見学も入れますよ~!

 

熊野は毎回おもしろい!

不思議な流れがあって、

導かれていく~

 

流れに逆らわず、流れに乗って

自分の思いやエゴは置いといて、

流れるままに旅するのが一番です

 

まぐろ美味しいから是非食べてくださいね~♪

 

 

スポンサーリンク

 

いいね!お願いします

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントは受け付けていません。

熊野リトリート参加者募集

熊野ツアーのお問合せ

プライベートリトリート…熊野の神社仏閣をご案内しながらあなたに必要なメッセージをお伝えします。

■熊野リトリートを主催したい方、コーディネーターとガイドを承ります。お気軽にお問い合わせください。

お客様の声