熊野名物「めはり寿司」とは?新宮・熊野市・二代目のめはり寿司のおすすめ!

スポンサーリンク


★熊野古道
⇒冬に熊野古道は歩ける?
⇒冬限定「川湯温泉の仙人風呂」
⇒熊野本宮大社の初詣情報

 

★人気記事

⇒熊野三山の巡り方!おすすめ
⇒結婚成就の神社ってどこ?関西の縁結び神社
⇒「祈りの力」神様と繋がる

 

★熊野古道サイトの検索⇒目次
★熊野古道の歩き方⇒情報集

 

 

熊野古道、熊野三山へ旅行するなら、熊野名物を食べたいですよね~

和歌山県の名物グルメ、熊野の名物で外せないのは、

「めはり寿司」

 

今や地元の人だけでなく、観光客にも大人気!

熊野古道のお弁当に、温泉宿で、お取り寄せもあります

 

熊野古道の名物「めはり寿司」について、

  • めはり寿司とは
  • どこで食べることができるか?
  • どこで買える?

めはり寿司についてご紹介します

 

「めはり寿司」とは

「めはり寿司」は熊野名物、和歌山の郷土料理

「めはり寿司」はなに?と聞かれ、

簡単に一言でいうと、塩漬けした高菜の葉で包んだおにぎりです!

 

和歌山県熊野地方の郷土料理のひとつです。

おにぎりを高菜の葉で包んだだけのとってもシンプル!

ですが、すごく美味しいんですよ~

私も毎回熊野古道に行くと、必ず食べています!

 


↑これは私が熊野で握って作ってみました(^_^)

 

見た目も素朴なんですが、味が良いので、とても人気があります。

最近では、ご飯に穴子や海老などをつめたものもあるらしく、

 

空港では「ご当地空弁」として売られることも増えているそうです。

関西国際空港では「紀州めはりずし」として売られたり、県外の有名百貨店の催しもので「ご当地弁当」として扱われることもある。

 

スポンサーリンク

めはり寿司の歴史と由来

元々は、和歌山県・三重県・奈良県の熊野地方の山仕事や畑仕事の合間に、短時間で食べる事ができる弁当として生まれました。

7世紀ごろの熊野は、きこりや筏(いかだ)で木を運ぶ筏師(いかだし)で栄えていました。

 

その時のお弁当として、「めはり寿司」は始まったそうです。

 

元来食べられていためはり寿司は、麦飯で作っていたとか・・・現在は白米です、酢飯の場合もお店や家庭によってあります。

もともとは、家庭料理なんですよね~

 

そして、面白いのが!!!

忙しい仕事合間に早く、お腹いっぱい食べられるようにと、大きさが、なんとソフトボールくらいのサイズだったそうです。

当時のめはり寿司は大きかったんですね~

 

だから、食べる時に目を見張るくらい大きいというところから、「めはり寿司」と名前が付いたと言われています。

また、目を見張るほど、美味しいという意味もあるそうです。

 

他にも諸説あるようです(^_^)

 

めはり寿司の高菜について

昔から熊野地方では、山間部のとても冷える気候を生かし、良質で肉厚の高菜の栽培が盛んだったそうです。

通常は、高菜は冬に収穫される冬野菜です。

主に漬物として利用されてきました。

 

もともとの「めはり寿司」は、高菜を収穫し塩漬けにして保存したものがなくなるまでの期間限定の食べ物でした。

 

ですが、現在は栽培、輸送技術の発達によって全国どこからの高菜も入手することができますし、最近は熊野で収穫された高菜は塩漬けされ、冷凍保存されて通年使用できるので、

一年中「めはり寿司」を食べる事ができます。

 

 

スポンサーリンク

めはり寿司はどこで食べることができる?

新宮「総本家めはりや」

お店が新しくなり移転しています!

熊野速玉大社のすぐそばです!

 

作り置きは一切せず、注文を受けてから、握ってくれるので、ほかほかでほくほうのめはり寿司が食べられます。

 

めはり定食Aがおすすめ!
(めはり1人前・山芋とろろ・めざし・豚汁 1,400縁)

めはり寿司の単品は、4個で600縁

おでんや串カツも人気です

 

店舗名 総本家めはりや 本店
住所 〒647-0006 和歌山県新宮市薬師町5-6
アクセス JR新宮駅から徒歩15分
熊野速玉大社から徒歩5分
電話番号 0735-21-1238
営業時間 11:00~22:00
定休日 水曜日
駐車場 12台  (店舗前9台 近隣3台)
座席数 全58席(個室8部屋 1部屋2~10人、カウンター7席)

 

新宮のお弁当屋「おむすびいちろう」

熊野古道歩きにぴったりなお弁当屋さん

各種のおむすびはもちろん、めはり寿司も売ってます。

売り切れの場合もあるので、お早めに!

朝はあると思いますよ(^_^)

 

おむすび一郎「神倉店」(5:30~

おむすび一郎「駅前店」(8:30~

 

紀伊勝浦・那智「めはり寿司 二代目」

R紀伊勝浦駅から徒歩ですぐの場所にあります

和歌山の名物料理「めはり寿司」、マグロ丼、お刺身、串カツなどを食べられるお店です。

注文すると、握ってくれるので、少し甘めの醤油の味が温かいごはんによく絡み、美味しいですよ。

めはり寿司2個と串カツ2点、お味噌汁が付いた「めはり寿司ミニセット」は、お値段もリーズナブルでおすすめ!

めはり寿司の単品は4個入りでボリュームがありますが、パックに入れてもらって持ち帰ることもできるので安心です。

 

店舗名 めはり寿司 二代目
住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地2-2-6 
アクセス

JRきのくに線 紀伊勝浦駅から徒歩2分

那智勝浦新宮道路 那智勝浦ICから車で約5分(名古屋方面から)
紀勢自動車道 すさみ南ICから国道42号線経由 車で約90分(大阪方面から)

電話番号 0735-52-1670  
営業時間 11:00〜21:00
定休日 不定休
駐車場 あり(3台)

 

熊野本宮大社そば「茶房 珍重庵 本宮店」

熊野本宮大社のそばの「もうで餅」で有名な珍重庵で、頂くことができます!

 

「めはり寿司」にうどんセットなどありますので、昼食に、お詣りの休憩にも便利です。

もうで餅と抹茶セット(350円)もおすすめ

 

住所 和歌山県田辺市本宮町本宮1110(熊野本宮大社前 瑞鳳殿内)
電話番号 0735-42-1648
営業時間 9:00 から17:00
定休日 水曜日

 

熊野市「かね久商店」

JR熊野市駅前にある仕出し・弁当屋さんの「かね久商店」にめはり寿司は売っています!

熊野古道歩きにぴったりです

 

他には、熊野古道弁当(¥800)や巻きずし、おはぎなど。

バラエティな品揃えで、なんでもとっても美味しいです

 

パワースポット奥熊野の「大丹倉」、「丹倉神社」に行く時には、買って行って、熊野のかわらでピクニックをよくしていました。

 

かね久(熊野市駅前)  
TEL 0597-85-3548
営業時間:通常6:30~、日・祝は予約のみ可

 

熊野市駅前「喜楽」

JR熊野市駅の真ん前にある、昔ながらの食堂・寿司屋さんです。

入り口のサンプルをみると、、、古そうで、、かなり歴史がありそう。美味しいの?と心配しそうですが、心配ご無用!

とっても美味しいです!

さんま寿司とめはり寿司は絶品です!

 


(出典:http://bikenori.jugem.jp/?eid=633)

 

店内はレトロで、昭和~って感じで、素敵なお店です

毎回思うのですが、オーナーのご夫婦がとても感じいいです。

何を隠そう・・・この私、喜楽さんの「めはり寿司」「さんま寿司」が大好きなんです。美味しいんですよね~、めはり寿司の醤油加減とにぎり加減が絶妙!JR熊野市に来たら、必ず立ち寄ってしまうくらい。
熊野市駅から特急に乗って帰る友人にもおすすめしています。特急は車内販売がないので、道中の軽食にぴったり!夜ご飯になっているかな・・・

 

喜楽  
住所 三重県熊野市井戸町653−14
電話番号 0597-85-2336
営業時間 11:00~20:00
定休日 7日、17日、27日(日・祝祭日は振替)

 

 

めはり寿司のお取り寄せ

JR新宮駅前にある「徐福寿司」のめはり寿司

間違いない美味しさです

熊野名物「さんま寿司」と一緒に注文するのがおすすめです

徐福熟成めはり寿司

 

最後に

熊野名物のおすすめのひとつ「めはり寿司」をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

 

熊野古道の旅では、是非、熊野名物で郷土料理の「めはり寿司」をお弁当に、軽食にお楽しみください♪

 

熊野名物は那智勝浦のマグロ!

さんま寿司!

いろいろあります!

 

お土産や名物はこちらを参考にしてください↓

熊野三山巡りのお土産5選!オススメの名品と穴場の逸品があります!

那智勝浦のマグロランチは桂城!マグロカツ!まぐろ三昧!珍味いろいろ!夜はおまかせコースがおすすめ!

【熊野三山の日本酒】熊野名物のおいしいお酒で乾杯!熊野古道を歩いた後にぴったりの銘酒を紹介します

 

素晴らしい熊野古道の旅を!

 

スポンサーリンク

 

「いいね!」頂けると嬉しいです♪

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントは受け付けていません。