【特別拝観】世界遺産登録15周年「丹生都比売神社(にゅうつひめ)」ガイドウォーク開催

スポンサーリンク


★11月熊野古道ツアー
⇒11/24-26 みんなで熊野古道を歩こう

 

★秋の熊野古道
【紅葉】熊野古道!祭り!神社例大祭!

 

★人気記事

⇒①ミラクルな旅の始まり!熊野古道は奇跡の連続!

⇒結婚成就の神社ってどこ?関西の縁結び神社

⇒「祈りの力」神様と繋がる

 

★熊野古道サイトの検索⇒目次
★熊野古道の歩き方⇒情報集

 

 

2019年の熊野古道「世界遺産登録15周年」

記念イベントの一環として、丹生都比売神社で特別拝観が行われています。

 

高野山の麓にある弘法大使こと空海ゆかりの神社「丹生都比売神社」

詳細をご紹介します

丹生都比売神社(にゅうつひめ神社)とは

 

高野山の麓に位置し、和歌山県伊都郡かつらぎ町にある神社。

今から1700年前に創建されたとても由緒ある神社です

 

紀伊国一宮です

一宮(いちのみや)とは、、、その地域の中で最も社格の高いとされる神社という意味

 

丹生都比売神社は、全国に約180社ある丹生都比売神を祀る神社の総本社。

 

【御祭神】

第一殿 丹生都比売大神 にうつひめのおおかみ (丹生明神) にうみょうじん
第二殿 高野御子大神 たかのみこのおおかみ (狩場明神) かりばみょうじん
第三殿 大食都比売大神 おおげつひめのおおかみ (気比明神) けひみょうじん
第四殿 市杵島比売大神 いちきしまひめのおおかみ (厳島明神) いつくしまみょうじん
若 宮 行勝上人  ぎょうしょうしょうにん  
境内社 佐波神社 さわじんじゃ  
第一殿 丹生都比売大神 諸々の災いを祓い退け、一切のものを守り育てる女神。
            不老長寿、農業・養蚕の守り神。
第二殿 高野御子大神 弘法大師を高野山に導いた、人生の幸福への導きの神。
第三殿 大食都比売大神 あらゆる食物に関する守り神、食べ物を司る神。
第四殿 市杵島比売大神 財運と芸能の神、七福神の弁天さ

 

高野山がゆかりがあるとは?

弘法大使がこの地に、高野山に真言密教の拠点を開くことになった有名な話がこちら。

丹生都比売大神の御子、高野御子大神は、密教の根本道場の地を求めていた弘法大師の前に、黒と白の犬を連れた狩人に化身して現れ、高野山へと導きました。

 

弘法大師は、丹生都比売大神よりご神領である高野山を借受け、山上大伽藍に大神の御社を建て守護神として祀り、真言密教の総本山高野山を開きました。

 

これ以降、古くからの日本人の心にある祖先を大切にし、自然の恵みに感謝する神道の精神が仏教に取り入れられ、神と仏が共存する日本人の宗教観が形成されてゆきました。

 

中世、当社の周囲には、数多くの堂塔が建てられ(絵図参照 3DCG再現映像)明治の神仏分離まで当社は五十六人の神主と僧侶で守られてきました。

 

(引用:丹生都比売神社

 
由緒ある「丹生都比売神社」まだ行かれたことがないのでしたら、是非この機会にお尋ねください!
 
 
スポンサーリンク

本殿特別拝観と境内ガイドウォーク

 

丹生都比売神社では、由緒説明を受けながら通常立ち入ることができない楼門内から本殿を間近に拝観いただきます。

期間 9月14日(土)~11月30日(土)の土日祝(1日2回)
時間 11:00~、12:30~
所要時間 30分
料金 500円(記念品付)
住所 かつらぎ町上天野230MAP
TEL 0736-26-0102
備考 団体の場合は別日程を含め応相談

 

紅葉がとてもきれいです!

詳細はこちら↓

【関西紅葉2019】高野山と丹生都比売神社!見頃とライトアップ!車とバスで行くアクセス情報

スポンサーリンク

「いいね!」頂けると嬉しいです♪

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントは受け付けていません。