【十津川温泉の宿泊施設】おすすめはホテル昴?山水?口コミは?

日本一大きな村十津川村には、泉質が違う3つの温泉があります。

  • 上湯温泉(神湯温泉)
  • 十津川温泉
  • 湯泉寺温泉

 

十津川温泉には温泉旅館、民宿はもちろん、日帰り温泉(公衆浴場)もあります。また、十津川温泉の近くには熊野古道「小辺路」が通っていて、1000m級の山々に囲まれて超秘境に十津川温泉はあります。十津川の面積の96%が森林というくらい自然が豊か! 空気も新鮮です。

また、たどり着ける人のみたどり着けると言われる熊野三山の奥宮「玉置神社」があるのも奈良県十津川村です。では、十津川温泉のおすすめ宿泊施設をランキング形式でご紹介します。

 

【玉置神社】不思議体験!大歓迎された?1日に本殿に3度も呼ばれる?強力なパワースポット

 

十津川温泉とは?どこ?

まずは、十津川村の場所はこちら↓

十津川村は、奈良県の一番南にあります。また、十津川村は全国初「源泉かけ流し宣言」をした村です。そのくらい温泉の湯量が豊富ということ。

 

2004年に十津川温泉郷の3つの温泉「湯泉地温泉(とうせんじ)」「十津川温泉」「上湯温泉(かみゆ)」にある25の温泉施設すべてにおいて「源泉かけ流し」を宣言しました。温泉地全体のすべての温泉施設が「源泉かけ流し温泉」になるのは全国的にも非常に珍しく日本で初めてのこと。

 

源泉かけ流し温泉とは

温泉のお湯を循環、一切再利用させず、沸かさず、塩素消毒をせず、薄めず「ほんまもんの温泉」だけが浴槽内に常に滾々(こんこん)と流し入れられている(かけ流されている)状態の新鮮な温泉という意味です。

 

十津川村の3つの温泉郷

  • 湯泉地温泉(とうせんじ)
  • 十津川温泉
  • 上湯温泉(かみゆ)

 

超秘境の奈良県十津川温泉郷には、ミシュランの星を獲得している「ホテル昴」を始めて、「湖泉閣 吉野屋」「山水」「田花旅館」「植田屋旅館」、格安に泊まりたい場合は民宿「松乃屋」「やまとや」があたりがおすすめです。

 

湯泉地温泉(とうせんじ)では、高級旅館の離れの宿「千慶」、民宿かたやま、上湯温泉(かみゆ)には、神湯荘があり、秘湯の露天風呂は最高です。

 

十津川温泉には25の宿泊施設があります。期待しすぎるとえ~となるので最初に言っておきますが、十津川温泉は森林96%でこれだけ山々に囲まれている秘境なので、大きなホテルは「ホテル昴」「ホテル千慶」「吉乃屋」くらいで他はこじんまりとしていて、民家くらいの大きさの宿がほとんどです。十津川温泉の泉質は多少硫黄臭かな・・・鉄分が多い感じで、強い温泉で、毎回効く~って感じで疲れが取れとても癒されます。いらないものが落ちるような感じ。胃腸にいいそうで飲用もできます。湯泉寺温泉は、十津川温泉のお湯よりもにおいが少なく透明な感じですが、効く~ってなりますよ。上湯温泉のお湯はヌルヌルすべすべ美肌の湯です。入った後お肌がしっとりなります。

 

奈良県の日帰り温泉おすすめ「上湯温泉」がすごい!肌がすべすべ!

 

スポンサーリンク

ホテル昴

十津川温泉の一番のオススメは、ホテル昴です。大自然の山あいに川のせせらぎが響く「昂の郷」に建つ、源泉かけ流し天然温泉と木のぬくもりがやさしいリゾート感覚のホテル。ロビーを入ると、十津川警部でお馴染みの「西村京太郎さん」の本がずらりと並んでいます。また、露天風呂がとっても気持ちいい!最高の温泉です。

和室と洋室もあります。スタッフの方々のホスピタリティも素晴らしくて、泊まるたびに好きになる宿です。

 

湖泉閣 吉乃屋

昨年のGWに泊まりました。露天風呂からは十津川のダム?川?が見え、ゆっくり入ることができます。「出川哲朗の充電させてください」のテレビにも出ていたお宿です。また、さだまさしが熊野を訪れる時にも泊まっているそうです。

創業は大正13年の老舗の温泉宿。平成7年にリニューアルされているのでとてもきれいな建物で客室でした。もちろん源泉掛け流しの温泉が楽しめます。地元の食材を生かし、山菜、川魚を使った田舎料理が自慢、温泉珈琲も頂きました。朝食会場の前の廊下からも絶景の景色もきれいで、みんなで朝から「きれい~」と感動でした。館内はとてもきれいで落ち着き、ゆっくりのんびり過ごすことができましたのでおすすめです。

猪・鴨・キジの鍋料理に限り、お1人様宿泊料プラス2,000円(税別)で、囲炉裏での食事ができます。ただ4名以上になります。

ホテルの予約詳細はこちら

booking.comで予約する

 

田花旅館

地元で取れた山の幸、川の幸を使ったお料理はすべて手作り。十津川産の天然鮎の塩焼きがすごく美味しいです。私の友人はアユの塩焼きを追加オーダーしていました。実はオーナーが釣ってきていて100%天然。そして、シカ肉のカルパッチョも美味です。ここでしか食べられないジビエ料理。心温まるおもてなしが嬉しいお宿です。熊野古道歩きに泊まるお客さんも多い温泉宿。

 

オーナーの田花さんは、十津川村観光協会の会長さんでもあり、十津川村の観光についてもとても詳しいです。お風呂は、源泉100%を保つために、十津川温泉の源泉温度が高いので、自家製熱交換器で源泉率100%に保っているそうです。明治四十二年に創業の田花旅館は小さい宿ではありますが、館内はとてもきれいで、夕食は個室で頂きました。

ホテルの予約詳細はこちら

 

湯泉寺温泉「湯乃谷 千慶」

1000坪もの敷地に離れの客室が9室という贅沢なお宿です。客室はすべて50㎡以上の広々、せせらぎの音がやさしく響いて、自然を存分に感じられます。お部屋は吉野杉、桧をふんだんに使用しているので香りもよいと口コミでも評価が高く、最上級のおもてなしのお宿です。

 

湯乃谷千慶の源泉である湯泉地温泉は十津川温泉郷において最も古く、560余年もの歴史があり、戦国武将の刃傷を癒し、熊野詣での旅人を癒し、古より多くの人々に愛され続けてきた名湯。単純硫黄泉とPH値8.9のアルカリ性のお湯で2つの効能を持ち合わせた「ダブル美白」の湯。源泉温度は50度の100%源泉かけ流し

 
そして、何よりもすごい料理が楽しめます。素材本来の味を生かし、こだわりの器を使用。十津川の地の利を活かし、山のもの、川のもの、海のもの、紀伊半島の四季折々の恵みを厳選し、熟練の料理人がこころを込めて作る日本料理が絶品。

 

 

十津川温泉「山水」

十津川村の川沿いにある宿「山水」は、2012年8月リニューアル!目の前が川の露天風呂、内湯、寝湯、貸切(ひのき、梅樽)など全部で8種類の浴場があり全て源泉かけ流し。料理は紀州の食材と湧水を使った田舎風会席料理が自慢。川を見ながら入ることができる露天風呂がおすすめです

 

 

十津川温泉郷の民宿もおすすめです

格安に温泉宿に泊まりたい人、一人旅の人にはこちらもおすすめです。

 

熊野本宮大社からは車で約40分くらいです。玉置神社に参拝に行く場合も、十津川温泉に泊まっておけば、早朝から参拝に行くことができ、さらに清々しい気を感じられるのでお勧めします。

 

玉置神社は熊野本宮大社についてはこちらを参考にしてください

【玉置神社】不思議体験!大歓迎された?1日に本殿に3度も呼ばれる?強力なパワースポット

熊野本宮大社の最強パワ―スポットは大斎原!大鳥居!絶対に行くべき「聖地」

 
 
 
スポンサーリンク

いいね!お願いします

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントは受け付けていません。