【熊野那智大社】パワ―スポットは那智の滝と烏石!勝守で運気アップ!

こんにちは!

熊野那智大社のパワ―スポット!

新名所をご存知ですか?

 

那智の滝!

那智の滝は名所中の名所です!

絶対行くべき神域です!

 

日本一の「那智の滝」を一度は訪れてみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

「パワースポット」は熊野那智大社の中にもあります!

 

実は、ブラタモリに紹介されて、サッカーファンのみならず、みんなが注目している場所、

といえば、

熊野那智大社にある

「八咫烏」の烏石!

 

熊野那智大社のパワ―スポットについて、

八咫烏の「勝守」、熊野那智大社のおすすめをご紹介します!

 

 

熊野三山と八咫烏

 

熊野三山と八咫烏は切っても切れないご縁なのです!

 

八咫烏は神様のお使い!

日本サッカー協会のシンボルマークになっている「八咫烏」は神武東征の折、道案内をしたといわれる烏であり、熊野の神様のお使いとされている。

延喜式には「三足烏 日之精也。白兎 月之精也」と記され、朝廷の儀式用装束や祭具に、また日本各地の祭では鉾や的に太陽と烏、月と兎が描かれる。

太陽の中に住む霊力を持つ鳥が「八咫烏」である。

 

八咫烏の咫(あた)は寸や尺といった長さを表す単位の一つだが、八百万が「たくさん」を意味するのと同様、八咫は「大きい」を意味している。

 

当社では拝殿左手の御縣彦社(みあがたひこしゃ)にてお祀りされ、導きの神様・交通安全の神様と崇敬を集めている。

無事、大和までの道案内を務めた八咫烏は熊野の地に戻り、石に姿をかえて休んでいるといわれる「烏石」が境内に存在する。

(出典:熊野那智大社web

 

八咫烏は、3本足!

八咫烏は太陽の化身

 

八咫烏の「八咫」とは大きく広いという意味。

 

いろいろ諸説ありますが、八咫烏とは「からす=鳥」と思われていますが、実際には「初代の神武天皇」をご案内したのは、人々と言われています。

 

スポンサーリンク

熊野那智大社の「烏石」

烏石は、熊野那智大社の本殿の奥にあります。正式参拝をした後に、神職さんにご案内して頂きました!ブラタモリで紹介され、神主さんからの説明でも八咫烏のお話にも熱が入っているようです(^O^)

 

 

烏石とは

太陽の中に住む霊力を持つ鳥が「八咫烏」は導きの神様・交通安全の神様です。無事、大和までの道案内を務めた八咫烏は熊野の地に戻り、石に姿をかえて休んでいるといわれる「烏石」が境内にあるので拝観でいます。

烏石がある場所は神域ですので、誰でも普通はいることができません。正式参拝(20名まで5000円、または拝観料 5名以内1,000円になります。

 

烏石の説明を伺い最後に、神職さんから嬉しいお言葉が!

「是非、このパワースポットの「烏石」に触れて帰ってください!パワーを受け取って帰ってくださいね!」と言ってくだいました。

 

こんな貴重な体験ができるなんて、本当にありがたいことですね

みんな大喜びでした

 

 

 

 

※熊野那智大社での正式参拝をした者のみが、本殿の奥へご案内してもらえます。

 

 

熊野本宮大社には、八咫烏ポストもあります!

 

スポンサーリンク

サッカーと八咫烏

八咫烏のマークは実はとっても有名です!

 

ご存知ですよね???

 

八咫烏は、JFA財団法人日本サッカー協会のマークに使われています。

 

サッカーを日本に紹介しその普及に大きく貢献した人物で中村覚之助(なかむらかくのすけ)さんが那智の浜の宮のご出身なんですよ!

英国の「アッソシェーションフットボール」を翻訳して、日本で初めて本格的なサッカーを紹介しました。現在のサッカーの礎を気付いた方です。

 

 

JR那智駅の「道の駅」には、熊野古道の展示やサッカー、八咫烏に関して展示もあります!

 

なでしこジャパンもワールドカップに行く前に、熊野那智大社にお詣りに来ていたそうです。澤さんが那智大社のお守りを買って帰ったのは有名な話で。その後、「勝守」は品切れ状態だったそうです。

 

今は熊野那智大社で購入できます!

今も、JFAの方や、日本代表サッカー選手たちが必勝祈願でご参拝されています。

 

スポンサーリンク

熊野那智大社でのおすすめ

勝守(かちまもり)

 

神武天皇を、大和の地へお導きされた故事からお導きの御神徳があるとされる、熊野の神様のお使い、八咫烏が描かれております。
勝負事のお守り、物事を良い方向に導いていただくお守りです。

御初穂料 800円

 

 

烏牛王神符

那智の瀧の水で墨を摺り、神職により一枚一枚奉製された御札で、古きより魔除けの御札として各家庭にお祀りされております。また中世、武士の間では血判状として、庶民の間では誓いの令として用いられました。

御初穂料 500円

 

熊野那智大社へのアクセス

【那智の滝】アクセス!バス?電車?東京や名古屋からのアクセスと見どころ紹介!食事場所と宿泊おすすめ

那智の滝の駐車場の料金は?無料?地図で紹介!見どころやおすすめスポットについて

 

那智の滝は最強パワースポット

落差133mの日本一の那智の滝は、

やっぱり

最強のパワ―スポットです!

 

誰もが一度は行ってみたい場所ではないでしょうか!

 

 

圧巻ですよ

 

お守りを販売されているところから、有料で拝所へ

さらに那智の滝を近くで感じること出来ます

 

 

こちらの写真は、雨上がりの那智の滝

霧がかかっていて幻想的です

 

 

毎回、違う表情を見せてくれる

 

何度も行ってしまう

行きたくなる那智の滝です

 

 

 

最後に

熊野那智大社のパワースポット「那智の滝」と「八咫烏の烏石」をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

 

烏石がある場所は神域になりますので、普通は入ることができない場所です。熊野那智大社で正式参拝するか、熊野交通の一日バスツアーの参加の場合は入ることができます。または、拝観料 5名以内1,000円で烏石を拝観できます

 

正式参拝、祈祷する場合には、熊野那智大社の本殿の奥まで神職さんにご案内してもらえご由緒などをお聞きでいます。本当にありがたいです。

 

是非、世界遺産の熊野那智大社へお詣りくださいませ

 

こちらもおすすめ

【世界遺産・熊野古道】初心者おすすめコースは大門坂から那智の滝!

【熊野古道】平安衣装が女性に人気!大門坂でレンタルして世界遺産で記念撮影がインスタ映え

那智の滝の観光におすすめ宿泊施設!日帰り温泉!海が見える露天風呂!

スポンサーリンク

いいね!お願いします

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントは受け付けていません。