熊野古道の初心者におすすめコースは年中歩ける伊勢路!馬越峠が美しい秘密とは?

今回紹介するのは、熊野古道の中での特に石畳がきれいな道「熊野古道・伊勢路」にある馬越峠(まごせとうげ)です。

初心者向きのコースです。もっと歩きたいという方には「天狗倉山」のオプションもあります。

 

スポンサーリンク

【世界遺産】熊野古道・伊勢路の特徴

・熊野古道は6つのルートがあります。

・熊野古道・中辺路(なかへじ)
・熊野古道・小辺路(こへち)
・熊野古道・大辺路(おおへじ)
・熊野古道・大峰奥崖道(おおみねおくがけどう)
・熊野古道・紀伊路(きいじ)
・熊野古道・伊勢路(いせじ)

 

その中でも人気があったのが、伊勢神宮から熊野三山を目指す「伊勢路」です。

紀伊路や中辺路は、上皇や天皇が京都から出発し、熊野本宮大社を目指した道であるのに対し、

伊勢路は庶民の道。伊勢神宮を参拝した旅人や西国三十三カ所巡礼者たちで賑わっていました。

 


(出展:http://www.kumadoco.net/kodo/about/index.html)

 

私たちは「熊野古道」と言いますが、正式な世界遺産登録では、「紀伊山地霊場と熊野参詣道」と言います。熊野三山、高野山、吉野の3つの霊場とその霊場に繋がる参詣道。この3つの霊場がある山々や自然、人々が巡礼をしてきた文化が総合的に世界遺産に登録されています。

 

世界遺産に登録された理由にとは【世界遺産】初めて歩く熊野古道おすすめコースは、大門坂から熊野那智大社・熊野那智大社・那智の滝へ」

 

熊野古道・伊勢路が人気の7つの魅力!

伊勢路は伊勢神宮から熊野本宮大社へ向かう参詣道。

(1)温暖な気候なので、一年中、秋や冬の時期も歩くことが可能

↑地図のように、伊勢路は海沿いに熊野古道が通っている。ほかの熊野古道は山間部やかなり奥まった深い山々の中の道。冬は寒くなると雪の心配も出てくるし、日照時間が短くなると山深い熊野古道よりも、伊勢路がおすすめ!年中あるくことができる。

 

(2)伊勢路は300m-700mクラスの山々を越えて行く道なので、初心者も歩くことが出来る

伊勢路の道はアップダウンが少なく、フラットで平坦かというと、その逆で、小さな峠がいくつも続く道です。他の熊野古道と比較していえば、例えば、小辺路は毎日1000m級の山を越えていくので、一日に山を登り切って下ることになる。かなり健脚な上級者向きになる。その点、伊勢路の峠越えの標高はやや低めであるので初心者向き。

 

(3)自分で距離を調整しながら、歩くことが出来る

熊野古道・伊勢路は、標高がやや低めの峠をいくつか越えていくルートになっているので、その日の体調やスケジュールに合わせて、どこから歩き始め、どこで終了するかを決めることが出来る。無理せず、自分のペースで歩くことが出来ます。一日にひとつだけの峠にするなど、柔軟に選べる。

 

(4)歩くコースを柔軟に決められる

JR紀勢本線と路線バスが、熊野古道沿いに走っているので、疲れたらバスや電車を利用することができる。プランを立てる時も電車やバスを利用して、泊まる場所も選ぶことが可能。

また、熊野古道沿いには、主要な幹線道路が近くを通っているので、事前に宿泊予定の宿に電話しておけば、近くまで迎えに来てもらうこともできる。とても臨機応変に歩くことが出来る。

※電車とバスの本数は決して多いとは言えないので、事前に時刻表など確認しておくとよい。

 

(5)伊勢路は風光明媚な道。山も楽しめ、海も楽しめる。

伊勢路は、山の中を通ったり、竹林、杉林を通り抜けていく場所があったり、また海がきれいに見下ろせる場所もあったりと、変化に富んだ景色を楽しめます。

 

(6)海岸線に沿った道なので、食事がとてもおいしい。

巡礼をしながら、食べ歩きのように、毎日、新鮮な魚介類を楽しめる。冬は伊勢エビもあります!牡蠣も。馬越峠がある尾鷲エリアは、魚の種類も豊富!

 

ちょっと個人的な意見です↓

(7)伊勢路はとても明るい感じである。陰と陽と考えると「陽」の要素が強いかな

12月に、実際熊野古道伊勢路を5泊6日で歩きました。毎日晴天に恵まれ、海沿いの道「伊勢路」は他の熊野古道に比べ、とても明るい感じでした。うっそうとした森林がなく、時折眼下に広がる海がとても美しく、熊野古道と一言で言っても、ぞれぞれの特徴があることを実感しました

 

熊野古道・伊勢路「馬越峠」の概要

距離: 約7.5km(JR相賀駅~JR尾鷲駅)
時間: 約3時間30分

距離:約5km(道の駅海山~JR尾鷲駅)
時間: 約2時間30分

 

伊勢路「馬越峠」へのアクセス

スポンサーリンク

 

車を道の駅「海山(みやま)」に停めて歩くことが出来る。
または、馬越峠のぼり口のところに、数台車を泊まることが出来る

 

道の駅「海山」
住所:三重県北牟婁郡紀北町相賀1439−3

 

帰りは、県尾鷲庁舎前より路線バスで道の駅に戻ることが出来ます。

・時刻表 [県尾鷲庁舎前 ⇒ 鷲毛]

 

【関連】
日本全国各地からの熊野古道へのアクセスは?東京から車?

 

熊野古道・伊勢路「馬越峠」を歩く

前々から「熊野古道」伊勢路~馬越峠は石畳が美しいことで評判の道。

いつか行ってみたい!と思っていて、やっと念願叶って歩くことが出来ました。

web 2015-05-01 006

 

web 2015-05-01 021

 

距離は短いですし、馬越峠だけ歩くのでしたら2,3時間です。

とても歩きやすい道

石畳は那智の大門坂より大きめな感じ。

 

横に小川が流れていてせせらぎが聞こえ、苔むした岩、シダの緑が美しい!

 

道はだんだん険しくなってきますが、道が美しいのとても楽しんで歩くことが出来る

 

web 2015-05-01 038

 

熊野古道歩きは、とても楽しい。

 私はスペインカミーノを歩いて以来、歩くのがライフワークの一つ!

 

web 2015-05-01 033

 

自然の中を歩くことは、

心をクリアにしていく!

気持ちいいい!

 

web 2015-05-01 034

 

五感を使って歩いて行きます。

空気を感じ、

目で耳で足で、自然を感じて歩いていく!

 

web 2015-05-01 043

 

石畳の坂道は、、、やはり、息が切れます。

休み休み給水もしながら歩いて行く

 

 web 2015-05-01 047

 

だんだん、きつさよりも体の奥から楽しさや喜びが湧いてくる! 

 

web 2015-05-01 014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何をしていても同じなんだと思う。

田植えも茶摘みも日々の行いも熊野古道歩きもマラソンも! 無心なっている時、本来の我に戻ってる

 

馬越峠は、、、まだまだ続きがあるんです

健脚な方は、天狗倉山へ もちろん、私も歩きました! 

 

web 2015-05-01 048

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回念願の「伊勢路 馬越峠

天狗倉山」に行きたい!って思っていたら、よーーく地図を見たら同じところだったんです。

 

歩く前日に気付いたのでした♪ 

 

 web 2015-05-01 053

 

馬越峠茶屋に着くと、ちょっと広場になっていてベンチもありお弁当を食べられるスペースがあります。

 

「天狗倉山」まで600m、30分と書いてある。

う~~ん、もっとありそう。

 

web 2015-05-01 054

 

いきなり、こんな上り坂が続きます

ちょっと、ぎょっとなりますけど、

「天狗倉山」通称「てんくらさん」に行ってみたいので、登って行きます。

 

絶景スポット「天狗倉山(てんくらさん)」へ

 

web 2015-05-01 055

 

天狗倉山」 名前にも魅かれるし、行ってみたいですよね~

 

web 2015-05-01 056

 

さらにさらに、ふーふー、ひ~ひ~言いながら休み休み登ります

歩いたのが5月だったので、 山つつじのピンクがきれいでした。

 

web 2015-05-01 059

 

web 2015-05-01 063

 

web 2015-05-01 068

 

web 2015-05-01 080

役行者のお社がありました。

web 2015-05-01 081

 

鉄のはしごがかかっていま~す

全く想像していなかったのですけど、

面白いです。

 

 

 web 2015-05-01 084

web 2015-05-01 087

 

山側を望めば、「大台ケ原」

 

web 2015-05-01 074

そして、海! 真っ青な尾鷲湾が広がっています

 web 2015-05-01 069

 

馬越峠に行かれるのでしたら、是非「天狗倉山」にも行ってみてください!

登り坂はしんどいけど、一歩一歩登ったら大丈夫!

杖があった方が楽でしょうね。

 

天狗倉山とその先の絶景スポット「オチョボ岩」はこちらです→熊野古道の絶景は馬越峠!天狗倉山!さらに「オチョボ岩」へ!

 

スポンサーリンク

おすすめ山の喫茶&山の宿「山帰来」

熊野古道・伊勢路「馬越峠」を下って行ったところに、
山の喫茶 山帰来(さんきらい)はあります。

web 2015-05-01 135

 

お店に入ると「アルベルゲ」の文字

スペイン巡礼宿をアルベルゲって言うんです。

 

web 2015-05-01 132

 

緑の中のログハウス!

心地いい

 

 web 2015-05-01 129

 

久々の熊野の友人と再会

 イラストライター&熊野古道コーディネーターのMちゃんです!

スペインカミーノも歩いています! 超超健脚です!

スペイン巡礼の道を歩いた二人が同じくスペインの道、カミーノを歩いたご夫婦が経営するcafe「山帰来」に行くなんて! やっぱりご縁に導かれますね

 

web 2015-05-01 130

 

ハンバーグプレート。

 

web 2015-05-01 134

 

手作りチーズケーキのデザート♪ 自家製の梅やヤマモモジュース、デザートもおすすめ

 

熊野古道 山の喫茶 山帰来(さんきらい)

住所:三重県尾鷲市馬越町1509−49
電話: 0597-22-3597
web:http://woodpeck.jp/albergue.htm

熊野古道の宿アルベルゲ「ウッドペック」 http://woodpeck.jp/

 

参考サイト

熊野古道・伊勢路の地図はこちらを参照ください。
また、インターネットからダウンロードできます。

 

熊野古道・伊勢路歩きにおすすめな本

歩く旅の本 伊勢から熊野まで

熊野古道の歩き旅の体験本です。地図が付いているので役立ちます。

伊勢神宮からの道のりがどんな感じなのかイメージしやすく、筆者の「珍道中」が綴られていて楽しい内容でありながら、細かい説明があるので「お伊勢参り」や「熊野古道」「熊野」の情報収集できる。一般のガイドブックには載っていない神社の紹介や「2泊3日や3泊4日のおすすめプラン」もありとても充実している一冊です。

熊野古道伊勢路を歩く: 熊野参詣道伊勢路巡礼

熊野古道の詳細地図が載っていて、見所だけでなく、歴史的な背景が大変詳しく紹介されています。

伊勢路を何度も踏破した筆者ならではの視点で熊野古道・伊勢路および周辺の文化財や熊野古道に関わる多くの文化を紹介されています。ガイドブックとしてはもちろん、読み物としても大変面白い一冊です。

世界遺産神々の眠る「熊野」を歩く (集英社新書 ビジュアル版 13V)

日本だけでなく、世界の宗教や聖地に精通された植島先生ならでは一冊です。熊野のことがとても詳しく書いてあります。

「熊野の神様はどこから来たのか?」「なぜ多くの人が熊野詣をしたのか?何をしていたのか?」「熊野は火山もないの温泉が豊富なわけ?」様々な謎から熊野が持っている特殊性を紐解き、熊野の神さまについて、多くの文献調査と自らの足で歩いて知って感じたところを詳しくわかりやすく記載されています。使われいる写真も素晴らしくオススメの一冊です。

 

最後に

熊野古道の伊勢路もおすすめです。

その中でも、馬越峠は石畳が美しく、初心者でもとっても楽しめるコースです。

実は、馬越峠を歩き、天狗倉山へ行った後も、、、そこからちょっとした穴場があります! またあらためてご紹介します!お楽しみに!

 

熊野古道の伊勢路は、一日だけや、半日だけ歩くなど、また何日も歩き続けるという事もできる、とてもバリエーションがあるコースです。一人一人のニーズに合わせて、予定を組むことが出来ます。

また、伊勢路の特徴である、
・気候が温暖
・食事が美味しい

・コースが柔軟に決められる
・海と山を見ながらの風光明媚なコース

 

本数は少ないけれど、電車やバスも熊野古道沿いを走っている場合もあるので、うまく利用するのもおすすめです。

 

楽しい熊野古道歩きを!!!

 

 

さらに体力がある方にオススメの絶景スポットはこちら↓

熊野古道の絶景は馬越峠!天狗倉山!さらに「オチョボ岩」へ!

他にも「熊野古道の初心者コース」のオススメはあります!

熊野古道はどこ?どこへ行けばいい?初心者におすすめ熊野古道コースは大門坂から那智の滝!

 

スポンサーリンク

 

「いいね!」頂けると嬉しいです♪

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントは受け付けていません。