【10/24大阪】 熊野古道「熊野詣の魅力」熊野三山・吉野・青岸渡寺フォーラム開催!

スポンサーリンク


★熊野古道
⇒冬に熊野古道は歩ける?
⇒冬限定「川湯温泉の仙人風呂」
⇒熊野本宮大社の初詣情報

 

★人気記事

⇒熊野三山の巡り方!おすすめ
⇒結婚成就の神社ってどこ?関西の縁結び神社
⇒「祈りの力」神様と繋がる

 

★熊野古道サイトの検索⇒目次
★熊野古道の歩き方⇒情報集

 

 

熊野古道!熊野三山に興味がある方、

熊野古道を歩こうと思っている方、

 

修験道、神道、密教の宗教が熊野古道で繋がる聖地「熊野」のイベントがあります!

 

10月24日大阪「あべのハルカス」で、

「熊野詣の魅力について」イベントが開催されます!

 

パネリストがすごい!

 

熊野三山の「熊野本宮大社」「熊野那智大社」「熊野速玉大社」の宮司さん、青岸渡寺と吉野金峯山寺の住職さんがいらっしいます!

 

そうそうたるメンバーがディスカッションされます。

 

大阪で熊野三山の宮司さんに一度会えるチャンスです!

是非、ご参加ください!

 

内容

2019年は、世界遺産登録15周年記念になりますので、

 

歴史街道推進協議会は、紀伊山地三霊場会議と共催で、紀伊山地三霊場フォーラム「未来につなぐ熊野の魅力」を開催されます。

 

日時:令和元年10月24日(木)14:00〜16:30

会場:あべのハルカス 25F 大会議室

 

昨年、熊野本宮大社は御創建2050年を迎えました。

古代から連綿と続く「熊野詣」の魅力について、平安時代の末、白河上皇らが「熊野詣で」出立の儀式を行われた京都・城南の地から、映像を交えて鳥羽重宏師(城南宮宮司)にお話からフォーラムは始まります。その後は、田中利典師(金峯山寺長臈)の進行で熊野三山の神職、僧侶の皆様に語っていただきます。

■基調講演
「熊野詣で~京都から熊野三山へ」
 講師:鳥羽 重宏 師(城南宮宮司)

 

■ディスカッション
「未来につなぐ熊野の魅力」

 上野 顕 師(熊野速玉大社宮司)
 九鬼 家隆 師(熊野本宮大社宮司)
 男成 洋三 師(熊野那智大社宮司)
 高木 亮英 師(青岸渡寺副住職)

進行
 田中 利典 師(金峯山寺長臈)

 

スポンサーリンク

お申込み方法

  • 開催日2019年10月24日

 

  • 時間 14:00~16:30(開場13:30)

 

  • 場所あべのハルカス 25F大会議室 

 

  • 住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43

 

  • 募集220名(事前申込制、先着順)

 

  • 入場料1名 1,000円 (当日支払)  

 

  • 応募方法ハガキ ・ FAX ・ Eメールで下記の事項を明記のうえ、お申込みください。後日、参加証をお送りします。(事前申込制、先着順)

 

  • 応募先〒530-0005 大阪市北区中之島2-2-2  大阪中之島ビル7F
    歴史街道推進協議会「紀伊山地三霊場フォーラム」係
    Eメール:r-kaido@rekishikaido.gr.jp

 

  • 問い合せ06-6223-7744(平日10~17時)

 

詳細はこちら
https://www.rekishikaido.gr.jp/teach/forum/2458/

 

スポンサーリンク

熊野三山について

熊野古道は、2004年に世界遺産に登録されたことで脚光を浴びて、観光客が増え、さらには外国人観光客にまでも人気になっている聖地です。

 

熊野三山とは、三つの神社の総称です。

  • 「熊野本宮大社」
  • 「熊野速玉大社」
  • 「熊野那智大社」

 

古くから熊野は、人々の熱い信仰に支えられきた聖域であり、「伊勢へ七度、熊野へ三度」と言われているほどなんです。

 

当時の熊野詣は、近隣のみならず、かなり遠方から、熊野本宮大社を目指して歩いてきていたそうです。

 

昔の熊野詣は難行苦行の連続であり、苦行の果てに自らが体得し、悟りと不思議な力を知りえたといわれています。

 

それだけ、昔から、熊野は人々の祈りの地だったのです。

 

 

熊野が世界遺産に登録されたのが2004年。

「紀伊山地の霊場と参詣道」として、「参詣道(熊野古道)」「高野山」「吉野・大峯」の登録されました。

 

熊野古道と熊野三山の場所はこちらです↓

kumano kodo map
(出典:http://www.tb-kumano.jp/kumanokodo/)

 

「いいね!」頂けると嬉しいです♪

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントは受け付けていません。