熊野三山バスツアー!日帰り!一日で熊野三山へ参拝!一人旅におすすめ!

スポンサーリンク


★熊野古道
⇒冬に熊野古道は歩ける?
⇒冬限定「川湯温泉の仙人風呂」
⇒熊野本宮大社の初詣情報

 

★人気記事

⇒熊野三山の巡り方!おすすめ
⇒結婚成就の神社ってどこ?関西の縁結び神社
⇒「祈りの力」神様と繋がる

 

★熊野古道サイトの検索⇒目次
★熊野古道の歩き方⇒情報集

 

 

熊野三山に行ってみたいけど、車の運転ができない、公共交通機関に頼るしかないという方におすすめバスツアーがあります!

 

熊野三山めぐりコースのバスツアーです

ひとり旅も女子旅も安心して参加できます!

 

熊野三山は車で回るのが一番効率的ですが、車が運転できない場合は、公共交通機関を利用するようになると思います。その場合、熊野では、都会のようにバスや電車が次々にあるわけでなく、路線によっては、1時間に1本あるかないかの場合もありますので、時間がかかります。

 

ですので、一日で熊野三山参拝したい方は、

熊野三山ツアーに参加するのがおすすめです!

 

熊野三山の熊野那智大社・熊野本宮大社・熊野速玉大社をめぐりことができます

 

今回はバスで巡る「熊野三山・日帰りの旅」をご紹介します

 

 

熊野三山とは

まず、熊野三山とは3つの神社の総称です。

  • 熊野本宮大社
  • 熊野那智大社
  • 熊野速玉大社

 

地図で熊野三山の位置をお確かめ下さい!

kumano kodo map
(出典:http://www.tb-kumano.jp/kumanokodo/)

 

熊野三山は、関西エリアの一番南、3つの神社は和歌山県にあります。

 

熊野那智大社と熊野速玉大社は、距離的に近いのですが、熊野本宮大社が山間に入りますので、3つの神社を一日でまわるなら、車・レンタカー以外は、バスツアーがおすすめです。

 

公共交通機関のバスや電車を利用する場合は、日帰りは難しいです

日程に余裕がある方には、バスを乗り継ぎ、自分のペースで熊野三山へ参拝する2泊3日モデルコースがあります

 

 

熊野三山の日帰りバスツアー

熊野三山の「熊野本宮大社」「熊野速玉大社」「熊野那智大社」を日帰りで参拝できるバスツアーはこちらです!

 

出発地は、JR紀伊勝浦です

熊野本宮大社熊野速玉大社を参拝し、「瀞峡めぐりの里 熊野川」にて熊野名物がいただける昼食!その後、熊野古道の名所「大門坂」の見学し、那智の滝、熊野那智大社のお詣りとなります。

 

★川湯温泉、渡瀬温泉、湯の峰温泉からの乗車もできますので、前日に熊野本宮大社の周辺の温泉郷に宿泊し、1泊2日の熊野古道の旅にアレンジできますね♪

 

紀伊勝浦駅 08:30
志古 09:30
川湯温泉 09:46
渡瀬温泉 09:48
湯の峰温泉 09:54
本宮大社 見学 約55分
志古 昼食 約30分
新宮 12:25
速玉大社 見学 約20分
大門坂 見学 約15分
那智の滝 見学 約30分
那智大社 見学 約55分
紀伊勝浦駅 15:39解散

 

熊野三山巡り一日バスツアーの料金・詳細のお問合せ
熊野交通

 

熊野三山バスツアーの見どころを紹介

熊野本宮大社

自由時間が55分ありますので、ゆっくり回ることできます。

 

まずは、熊野本宮大社の本殿へ

 

そして、次は、大鳥居がある熊野本宮大社の旧社へ」歩いて散策します。

 

大斎原(おおゆのはら)

 

もともと熊野本宮大社があった、旧社にも是非お詣りされてください。

澄みきった聖地を体験されてください!日本一の大鳥居も圧巻です

 

 

熊野速玉大社

20分ありますので余裕です。熊野速玉大社では、摂社の「神倉神社」の御朱印も一緒に頂けるので、御朱印帳をお持ちの方はふたつ頂くのがおすすめです。

敷地内には、なぎの木がありますので、是非見てください。それから、熊野名物の「もうで餅」をお土産されるのもおすすめです。熊野三山でしか買えません

 

 

ご神木「なぎの木」

 

 

熊野古道 大門坂の夫婦杉

大門坂でバスを降りて散策出来ます。熊野古道の名所をバスツアーで簡単に訪れることができます。

 

またバスに乗り込み、那智の滝へいきます。

 

那智の滝

 

熊野那智大社

55分ありますので、熊野那智大社、青岸渡寺と

 

kumano nachitaisya

 

ご神木「大楠(おおくす)」

胎内くぐりもできます!

 

青岸渡寺

 

熊野三山バスツアーのお問合せ

熊野交通

スポンサーリンク

熊野三山へのアクセス

バスツアーに参加するのは、前泊が必要になってきます。JR紀伊勝浦駅の周辺の那智勝浦温泉に泊まるか、または熊野本宮大社の近くの三つの温泉郷「湯の峰温泉」「川湯温泉」「わたらせ温泉」に泊まるのがおすすめです。

 

JR紀伊勝浦へのアクセス

JR紀伊勝浦へのアクセス方法は、

関東から

1、飛行機(羽田空港→南紀白浜空港)

2、新幹線で名古屋→特急「ワイドビュー」

3、夜行バス

 

飛行機を利用する場合は、南紀白浜空港から、湯の峰温泉・川湯温泉・わたらせ温泉に一泊するのがおすすめです。

 

 

関西から

京都・新大阪・天王寺から、特急「くろしお」でJR紀伊勝浦へ

 

 

旅行会社のホテルパックを利用する

熊野古道へ行くのに、JRとホテルがセットになったとってもお得なプランがあります

 

(1)東京近郊から熊野に行く場合

JR+宿泊セットプランがお得!

1泊2日の価格は32600~(勝浦温泉ホテル浦島

(2泊3日の場合は、同じホテルに延泊、または、往復の電車と1泊分のホテルパックも予約可能)

往復JRとホテルパックの予約と詳細はこちら

 

(2)関西近郊から熊野に行く場合

特急+ホテルがセットプラン

1泊2日の価格は15700~(勝浦温泉ホテル浦島)

(2泊3日の場合は、同じホテルに延泊、または、往復の電車と1泊分のホテルパックも予約可能)

往復JRとホテルパックの予約と詳細はこちら

 

旅行会社主催のツアーもおすすめ

熊野三山をめぐるのに、東京や関西、名古屋出発のツアーもあります!

こちらから確認ください

 

下記のリンクをクリックして、

右上のキーワード検索で「熊野三山」と入力して検索できます。

↓↓↓

 

熊野三山の温泉宿について

熊野の温泉はそれぞれ泉質も違い、特徴があります。熊野三山バスツアーに参加の場合は、朝8時半JR紀伊勝浦駅出発、または、湯の峰温泉、川湯温泉、わたらせ温泉を9:46~9:54出発になりますので、前泊が必要になります。

 

下記に熊野のおすすめ温泉宿をご紹介します

紀伊勝浦周辺の温泉宿

南紀勝浦温泉 ホテル浦島 

海を見ながらの洞窟風呂は最高です!

もちろん、温泉は源泉かけ流し!

 

 

和歌山県の南部の老舗ホテルと言えば、、、ホテル浦島です。

絶対行く価値があります

 

洞窟の中に自然に温泉が湧出している大洞窟風呂「忘帰洞(ぼうきどう)」

ホテル浦島には、対岸勝浦港より船に乗ってご入館します。

浦島名物のディナーバイキングは、毎日まぐろの解体ショーがあります!

 

勝浦温泉 ホテル浦島

posted with トマレバ

このホテルの詳細・予約はこちら

 

 

南紀勝浦温泉 くつろぎの宿 料理旅館 万清楼

ホテル浦島の姉妹館、温泉は洞窟風呂に入ることができます

 

ここのいちおしは、なんといってもお風呂と食事!

朝食のごはんがすごい!!!

ひとりひとり専用の釜で炊き上げるご飯が人気!

 

お風呂は、もちろん源泉かけ流し

そして、万清楼のおすすめは・・・

姉妹館ホテル浦島の温泉が無料で利用できます

万清楼の玄関前からお船にのって約5分
絶景の洞窟温泉をはじめさまざまな温泉巡りが楽しめます。

 

このホテルの詳細・予約はこちら

他のおすすめホテル
 

最後に

熊野三山の日帰りで参拝する方法について、一人旅にもおすすめの「熊野三山バスツアー」をご紹介しました

いかがでしたでしょうか?

 

車が運転できない人や女性の一人旅におすすめです。バスでまわると、一日で楽に熊野三山を参拝できます!

熊野三山の聖域を感じる旅をなさってください

 

スポンサーリンク

 

「いいね!」頂けると嬉しいです♪

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントは受け付けていません。