【那智の滝】アクセス!那智の滝はどこにある?熊野那智大社の見どころ!食事場所と宿泊施設は?

日本一の滝という事で「那智の滝」はとても有名です。

ですが、実際に行こうと思った時に、、、

那智の滝は、どこにあるのか?
那智の滝と熊野那智大社へのアクセスは?

那智の滝は、西日本には本州の最南端あたりです。奈良県と三重県、和歌山県にまたがる紀伊半島(きいはんとう)に位置します。

紀伊半島は、山々に囲まれている地形から、人の手があまり入っていない自然豊かな半島です。また、「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されています。

今回は、そんな紀伊半島にある那智の滝・熊野那智大社のアクセス、魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

那智の滝はどこにある?

まず、日本地図で「那智の滝」はどこにあるのか?

大阪よりさらに南下していき・・・本州の最南端の和歌山県に入ります。地図の右下の「+」「-」の記号をクリックしてよく見てください!那智の滝は、和歌山県にあります。

 

那智の滝・熊野那智大社へのアクセス

那智の滝と熊野那智大社は、和歌山県の南側に位置するので、訪れる際のアクセスには時間を要します。
名古屋や大阪辺りからですと、日帰りの旅行も可能です。

ただ、本州の最南端に向いますので、時間がかかることを考えれば、1泊2日、2泊3日以上の旅がオススメです

東京からのアクセス

①新幹線+特急

新幹線を利用して名古屋駅まで行きましょう。
名古屋駅からは特急「ワイドビュー南紀」に乗車し、終点のJR紀伊勝浦(きいかつうら)駅まで行きます。

東京から紀伊勝浦駅までの所要時間はおよそ6時間ほどかかるでしょう。

 

②夜行バス

東京からは夜行バスが出ています。
大宮・新宿・横浜から乗車し、終点のJR紀伊勝浦(きいかつうら)駅まで行きます。

 

 

③飛行機

東京羽田空港からであれば、和歌山県の南紀白浜空港(なんきしらはまくうこう)まで直行便があります。
ローカル線のため片道の航空券は3万円ほどしますが、早めにチケットを購入すれば割引を受けられる場合があります。

紀伊白浜空港からは明光バス白浜駅まで行きましょう。
白浜駅からは電車で紀伊勝浦駅へ行きます。

 

大阪からのアクセス

大阪環状線の南にある天王寺(てんのうじ)駅から、特急「くろしお」に乗車してJR紀伊勝浦駅まで行きます。
天王寺駅から紀伊勝浦駅までの所要時間は3時間半ほどです。

京都からも特急「くろしお」は出ていますので、時刻表をご確認ください

紀伊勝浦駅からバスで
「那智の滝」「那智熊野大社」へ

紀伊勝浦駅からは熊野交通バスの那智山行きに乗車しましょう。
バスの間隔は一時間に1本ぐらいです。

運賃(片道)
勝浦駅~那智山・那智の滝前
大人   620円   小児  310円
勝浦駅~大門坂
大人   420円   小児  210円
那智駅~那智山・那智の滝前
大人   480円   小児  240円
那智駅~大門坂
大人   340円   小児  170円

熊野交通バス⇒那智山方面時刻表

車でのアクセス

「那智の滝」「熊野那智大社」のある熊野那智エリアの観光は、車の利用も便利です。
ただ、大阪・名古屋方面からのアクセスには時間がかかります。
紀伊半島での宿泊や、レンタカーの利用もおすすめです。

 

那智方面への道路は、徐々に高速道路が開通したり、道路が拡張されたりあります。

詳細はこちらでご確認ください↓↓

熊野古道へのアクセスは車が便利!東京からも車でアクセス可能!

 

スポンサーリンク

駐車場について

那智の滝、熊野那智大社の駐車場は、無料駐車場はありませんが、いろいろあります。

また、那智の滝の近くの駐車場や熊野那智大社近くの駐車場もありますので、お子様連れで歩く距離を少なくしたい場合など駐車場を選ばれてください。

詳細はこちらで参考にしてください↓↓↓

那智の滝・熊野那智大社の駐車場の料金は?無料?駐車場マップとオススメな見所

おすすめレンタカー

(1)和歌山県レンタカー

(2)白浜駅から借りることができ、返却は勝浦・新宮のどちらでも可能⇒レンタカー660

(3)ホテルに泊まってオプションでレンタカーも借りられる⇒Hotel&RentaCar660

 

那智山周辺の見どころ

那智エリアマップ

nachisan (1)

 

PDFダウンロード⇒那智山マップ

 

 

那智の滝の特徴

那智の滝は133mの落差を誇り、「日光の華厳(けごん)の滝」と「茨城県の袋田の滝」と共に日本三名瀑に数えられています。

滝の正面に着くと、左側にお瀧拝所があります。滝をより近く、ミストを感じられます。オススメです ↓

 

 

大人300円、小・中 200円

参拝可能時間 7:00-16:30

熊野那智大社の特徴

熊野那智大社のすぐ横には、ご神木の樹齢850年の樟があります。

そこでは、胎内くぐりができます!護摩木初穂料300円。

 

 

 

青岸渡寺の特徴

西国三十三ヶ所第一番札所です。
如意輪観世音菩薩が祀られています。

中には、日本一の大鰐口(おおわにぐち)があります。直径1.4m、重量450㎏。鰐口は布で編んだ綱を振り動かして打ち鳴らす仏具です。神社は鈴で神様に、お寺では鰐口で仏様にお願いをします。

(出典:http://www.kumano-sanzan.jp/seigantoji/houmotsu.html)

 

 

三重の塔

8:30-16:00

三重の塔入場料 300円

那智の滝がとってもよく見えます。写真スポット!

大門坂から熊野古道を歩いて参拝

これぞ「熊野古道」という場所です

kumano kodo

大門坂駐車場に車を停め、少し歩くと、熊野古道の一部である大門坂(だいもんざか)があります。

この大門坂は石畳の美しい石段で、その両側には大きな杉の木々が並んでいます。樹齢800年位です。

こちらは「夫婦杉」

体力と時間もあれば、大門坂から歩いて「熊野那智大社・那智の滝」へ参拝されるのもおすすめです。帰りは大門坂駐車場までバスも利用できます

詳細⇒【熊野古道】初心者におすすめなコース!大門坂から那智の滝!

 

オススメ宿泊施設と食事場所

熊野那智大社に一番近い宿泊施設

那智の滝から一番近く、お宿から那智の滝が拝める宿は、「民宿 美滝山荘

 

那智エリアは有数の温泉エリア

【温泉付おすすめ3つの絶景ホテル】

海に浮かぶ天然温泉・絶景露天風呂の「勝浦温泉 ホテル中の島 」や

洞窟の中に自然に温泉が湧出している大洞窟風呂が自慢の「勝浦温泉 ホテル浦島」、

開放感あふれる露天風呂から雄大な海と神々が宿る世界遺産の那智の山々を見ることが出来る「勝浦温泉 かつうら御苑

 

【一人旅に最適な温泉付きビジネスホテル】

Hotel&RentaCar660

 

オススメ食事処

勝浦と言えば・・・「まぐろ」

新鮮なマグロ料理が自慢で、たくさんのマグロ屋さんがあります

那智勝浦の観光協会がマグロマップを出しています。JR紀伊勝浦駅の一階にある観光案内所でも入手できます

マグロマップ

マグロ料理店のおすすめ

桂城(かつらぎ)

住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦398−11
電話番号  0735-52-1845
営業時間 11:30~14:00 

17:00~22:00

定休日 月曜日、第4日曜日

桂城の紹介ブログ(高橋一生もテレビ取材で訪問)

熊野のおしゃれカフェ

海沿いの素敵なcafeを紹介します

遠くに那智の滝が見えるので、是非探してみてください!

 

 

熊野カフェ

潮風を感じながら世界遺産を一望でき、朝はモーニング、お昼はランチ、夜はディナー、そしてバーカウンターでビールやカクテルを飲むことが出来ます!

熊野カフェ
住所 〒649-5334 大字勝浦1069-1
TEL 0735-30-4244
営業時間 7:00 ~17:00 – 19:00~22:00
定休日 毎週木曜日

日替わりランチ ¥900
AM11:30~PM14:00

ディナーコース ¥3,000~
PM17:00~PM20:00

ご予約制。内容はご相談ください。

 

最後に

熊野那智大社へのアクセス、見どころを紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

那智の滝、熊野那智大社周辺は見どころがもりだくさんです。

  • 熊野那智大社
  • 青岸渡寺
  • 三重塔
  • 那智の滝(飛龍神社)
  • 大門坂(熊野古道)

 

素晴らしい参拝を!

 

熊野三山めぐりもおすすめです

熊野三山めぐり!所要時間と順番は?車で回るコースと穴場スポット!おすすめ食事場所

熊野本宮大社のアクセス!車やバスで?駐車場は無料?宿泊施設のオススメはどこ?

 

スポンサーリンク

 

「いいね!」頂けると嬉しいです♪

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントは受け付けていません。